江口泰生「漢語連濁の一視点

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

江口泰生「漢語連濁の一視点

江口泰生1993漢語連濁の 一視点――貞享版「補忘記」における――」(「国語国文」62-12)

奥村三雄「字音の連濁について」(「国語国文」21-5号)

小林芳規「院政・鎌倉時代における字音の連濁について」(「広島大学文学部紀要」第29巻1号)

沼本克明「日本漢字音に於ける連濁と声調との関係」(『広島大学文学部紀要』31巻1号。後『平安鎌倉時代に於る日本漢字音に就ての研究1982(武蔵野書院)に改稿所収。

榎木久薫光明真言土沙勧信記における字音の清濁について連濁に関する考察を中心として―」『東洋大学短期大学紀要』第19号 (東洋大学短期大学) pp.69-79

金田一春彦「連濁の解」(「Sophia Linguistica」2)

高山倫明「清濁小考」(『国語論究』2和泉書院研究叢書121)

奥村三雄「呉音の声調体系」(『訓点語と訓点資料』8輯)

木田章義「その後の連濁とアクセント」梅花女子大学・開学十五周年記念論文集』

水野義道漢語の接尾的要素「-中」について『日本語学』3-8

桜井茂治音韻史料としての『補忘記』(上)(下)」『国語国文』36-3,4

馬淵和夫国語音韻変遷」『国語教育のための国語講座2』朝倉書店

柏谷嘉弘山家本法華経の連濁」『訓点語と訓点資料』64

東辻保和「安田八幡宮蔵 大般若波羅蜜多經の音注(資料)」『訓点語と訓点資料』44

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。