永山勇『仮名づかい』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

永山勇『仮名づかい』

永山勇

仮名づかい

笠間選書

昭和52.2

はしがき

一 序説ー音韻仮名

 仮名づかい意義

 仮名づかいの種類

 音声音韻

 仮名音韻

 仮名文字

二 仮名づかいの歴史

 仮名づかい説誕生の背景

  1 特殊仮名づかいの混乱と崩壊

  2 は行転呼音

  3 オ・ヲ、イ・ヰ、エ・ヱの混同

 仮名づかい説の歴史とその研究

  1 『下官集』と『仮名文字遣

  2 契沖仮名づかい説と『古言梯

  3 『仮字遣奥山路』と『古言衣延弁

  4 定家契沖流以外の仮名づかい

  5 明治以後の仮名づかい研究

三「現代かなづかい」の成立

 仮名づかいの改定論

  1 仮名づかい改定論の由来ときざし

  2 仮名づかい改定論の実際

    棒引き仮名づかい(明治時代)

    臨時国語調査会案(大正時代──昭和初期)

    国語審議会の新字音仮名遣表(昭和中期)

 現代かなづかいの制定

  1 「現代かなづかい」の実際

  2 「現代かなづかい」の問題点

四 かなづかいの現状と現代かなづかいの修正

  仮名づかいの現状

  「現代かなづかい」の修正

資 料

 「現代かなづかい」の要点

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。