水谷美保「方言敬語動詞に共通して生じる意味領域の変化」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

水谷美保「方言敬語動詞に共通して生じる意味領域の変化」

水谷美保

待兼山論叢38 日本学篇

17-34

2004


引用文献

秋田県教育委員会編(2000)『秋田のことば』無明舎出版

江端義夫(1998)「新しい敬語補助動詞「~テミエル」が保守的な共通語と抗争する方言戦略」『国語教育研究』第41号 広島大学光葉会

遠藤仁(1997)「県内各地の敬語平山輝男編者代表『日本のことばシリーズ 6 山形県のことば明治書院

神部宏泰(1959)「隠岐島五箇方言の「ゴザル」について」『國文學攷』第22号 広島大学国語国文学会

岸江信介(代表)・太田有多子・武田拓・中井精一西尾純二半沢康(2001)『名古屋―伊勢間グロットグラム集』近畿方言研究会

久野暲(1978)『談話の文法大修館書店

芥子川律治(1971)『名古屋方言の研究』名古屋泰文堂

辻村敏樹(1968)「敬語の史的研究東京堂出版

辻村敏樹編(1991)『敬語用法角川書店

仲宗根政善(1975)「宮古および沖縄本島方言敬語法―「いらっしゃる」を中心として―」九学会連合沖縄調査委員会編『沖縄―自然・文化・社会―』弘文堂

野田直治ほか編(1959)「郡上方言敬語表現」『郡高四十年史』岐阜県郡上高等学校

彦坂佳宣(1988)「愛知県方言分布と歴史ノート(4)―いわゆる身内敬語について―」『名古屋・方言研究会会報』第5号

彦坂佳宣(1997)『尾張近辺を主とする近世期方言の研究和泉書院

藤原与一(1978)『昭和日本語方言の総合的研究 第一巻 方言敬語法の研究春陽堂

水谷美保(2003)「敬語動詞意味縮小「イラッシャル」「オイデル」「ゴザル」「ミエル」」『日本方言研究会 第77回 研究発表会 発表原稿集』日本方言研究会

水谷美保(2004)「「イラッシャル」「イラッシャイ」の意味領域の縮小」『日本語学会2004年度秋季大会予稿集』日本語学会

山口明穂秋本守英編(2001)『日本語文法大辞典明治書院

山崎久之(1963)『国語待遇表現体系の研究 近世編』武蔵野書院

湯澤幸吉郎(1981)『増訂江戸言葉の研究明治書院

龍川清・佐藤忠彦(1983)『会津方言辞典国書刊行会

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。