水谷真成『中國語史研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

水谷真成『中國語史研究』

水谷真成

1994.07

中國語史研究

中國語學とインド學との接點

 序        河野六郎

聲明本展観目録

佛典音義書目

「頗」字訓詁小考

慧琳音義雑考

唐代における中國語語頭鼻音のDenasalization進行過程

「一鋪」の意義について――變文演出法に關する一試論-

慧苑音義音韻攷――資料の分析――

漢譯佛典における特異なる待遇表現について――譯經語彙零釋之一――

陸法言「切韻」

永明期における新體詩成立去聲の推移

大唐西域記敬播序訓注稿

音譯漢字に對する音注の諸相――『大唐西域記』を例として――

梵語字典梵漢對譯字類編枳橘易土集』解題

金陵刻経處刊『大唐西域記』を手にして

又玄齋南可畫著「新編異國料理」――「清俗紀聞」とその餘影

青木正児

聲明について

慧琳言語系譜――北天系轉寫漢字の對音――

暁・匣兩聲母の對音――大唐西域記夷語音釋稿(そのニ)――

Brahmi文字轉寫『羅什譯金剛経』の漢字音

梵語の"ソリ舌"母音を表わす漢字――二等重韻と三四等重紐――

中古の間における音韻史上の諸問題

梵語音を表わす漢字における聲調の機能――聲調史研究の一資料――

〔補〕瑠璃音聲考――梵漢對音の問題――

 水谷眞成先生の横顔 慶谷壽信

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。