武田麟太郎「弥生さん」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

武田麟太郎「弥生さん」

武田麟太郎

 弥生さんの話を書く。

 弥生さんなぞと呼べばいかにも親しそうだが、知合になってからまだ半年ばかりしか経《た》っていないし、それほど深い往き来があるわけでもない。普通に佐々木君の奥さんとか、たんに佐々木さんと言う方が礼儀にかなっているだろう。しかし、自分たちはいつの間にか、当の相手に話しかける場合にもなれなれしくその名で呼ぶようになっている。佐々木さんでは感じが出ない、やはり一種の愛称として弥生さんでないと、どうもあの美しい人らしくない。聞いてみると、子供の時はもちろん、結婚以前も旧姓でより、弥生さんで通っていたそうである。弥生を姓だと思っていた人もあるくらいだという。彼女に向うと、誰でもがそう呼びたくなるのはおもしろい。

 弥生さんの旦那の佐々木君も、じつはこれもたいして深い馴染《なじみ》ではない。いうならば、ほんの行きずりの知人で、南海の輸送船上ではじめて遇《あ》った人だ。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。