正村誡道「薩摩に就いての一考察

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

正村誡道「薩摩に就いての一考察

(二)

第5巻3号(昭和6年9月)

四、歌舞音曲

五、言語 pp.164-172

音調甚だ異である事

品詞の全く普通語と異なるものの多い事

発音転訛音便多くて分り難い事

各語多く短縮したり

発音が非常に強くあたる事

言語切れ〳〵にして長く続かざる事

極めて荒々しき言葉の中に時々優しき語を交へたる事

訛言中にも比較的品格ある事

イエ、イェウェの四音甚だ明らかにしてウィの音なき事

語尾にデガを多く附加する事



鹿児島県方言

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。