橋本進吉『上代語の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

橋本進吉『上代語の研究』

橋本進吉

 語義解釋と文意の解釋

 萬葉集語釋漢文古訓點

 「萬葉集支那人が書いたか」

 萬葉集仙覺 ――仙覺新點の歌――

 「がてぬ」「がてまし」考

 萬葉時代の「まじ」

 萬葉集語解三則

 奈良朝語法研究の中から

 「とほしろし」考

 辭書さまざま ――「とほしろし」考餘談――

 允恭紀の歌の一つについて

 上代に於ける波行上一段活用に就いて

 「ことさけば」の「こと」と如の「ごと」

 「ことさけば」の「こと」の語義について

 上代國語に於ける一種の「ずは」について

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。