橋本進吉「上田秋成の霊語通と徳川宗武の仮名遣説」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

橋本進吉「上田秋成の霊語通と徳川宗武の仮名遣説」

橋本進吉論文

http://home.q02.itscom.net/tosyokan/data2/HASIMOTO012.txt

上田秋成

靈語通

徳川宗武

假名遣


岩橋小彌太靈語通論」 藝文14-8 「靈語通餘論」藝文21-2

木枝増一假名遣研究史』

岡本保孝 靈語通砭鍼

呵刈葭

徳川宗武田安宗武

藤原美樹 加藤宇万伎

萬葉集見安

萬葉集目安?

萬葉集目安補正?

五井蘭洲 蘭洲茗話

玉函叢説

五十連言?

五十連音

古言梯

一、靈語通の或御説は、玉函叢説の文と大概同一であるから、徳川宗武の説である事疑無い。

一、靈語通の或御説は、秋成の言ふ如く、傳聞によるものではなく、何か書かれたものから引用したものと認められる。

一、呵刈葭によれば、秋成假名に關する宗武美樹との問答書を美樹から借りて寫して置いた。秋成靈語通に或御説として引用したのは、この書の中の宗武の説であらう。

一、玉函叢説の文は宗武美樹に示した文そのものではないが、その初の草稿本か又はその基となつたものであらう。

一、靈語通の或御説の出處と思はれる假字問答宗武の説は明和二年頃のものであり、玉函叢説の文は、その頃か又はもつと古いものであらう。

橋本進吉『文字及び假名遣の研究』岩波書店


参考

飯倉洋一「『呵刈葭』上篇と宗武・宇万伎の「仮字問答」」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。