橋本萬太郎編『世界の中の日本文字』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

橋本萬太郎編『世界の中の日本文字』

橋本萬太郎

『世界の中の日本文字』

弘文堂(1980)

まえがき

V

世界の中の漢字カナまじり文

 現代世界の文字使用

 蒙古文字?ハングル

 カナの歴史的背景

 「万葉ガナ」の性格

 吏読(吏道・吏吐?)

 ラテンとゲルマン

 音の分けかたと文字

 表音文字のできかた

 ベトナムと漢字

 朝鮮漢字

 音のむすびつきと文字

 音訳語と意訳語

 カナと分かち書き

 文字の読みとりかた

 漢字カナまじり文

 国語《クオックグー》は漢字

 漢語と非漢語

 まとめ


2 文字の性格と働き

 母音字と子音字の役割

 表音表語

 文字に書かれる言語

 民族語のできかた

 表音文字と難読症

 表音文字正書法

 共通語成立

 共通語書きことば(文童語)

 現代日本語の成立

 漢文読みくだし体?の役割

 テレビのちから?

 どうして書けるか

 書きことば話しことば

 漢字のテキストが読めるのは

 リズム対句

 音読訓読

 魯迅鴎外

 魯迅にとっての日本

 国語教科書

 あたらしい国語漢文体

 いまの文法とは

 まとめ


3 文字と思考

 多言語社会の思考

 シンガポールとネパールの事例

 ベトナムやホンコンでは

 モノリンガルな日本

 ヨーロヅパ言語圏の同質性

 日本語はどうなる?

 日本語で考え、英語で書けるか?

 縦書き横書き

 縦書き待遇表現

 日本語待遇表現

 ベトナム語では

 中国語と朝鮮語の場合

 二文化の間にはさまると

 まとめ


4 望ましい文字体系

 ことばの音をどう切るか

 漢字簡略化の方向

 簡略化と表語性の問題

 現代の機械処理のために

 漢字の「表音性

 漢字の「表意性

 方言の違いは簡略化に影響するか

 漢字だけで本当にやれるか

 表音文字発音どおりには書けない

 フランス語ロシア語に「漢字」を

 それが実は漢字カナまじり文

 ふりがな(ルビ)を見直す

 表語性・表意性を統合する

 言語類型から整理してみる

 まとめ



むすび

索引

巻末

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。