横山源之助「明治富豪史」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

横山源之助「明治富豪史」

横山源之助


五代の人柄は、ざっと右のような人物。ナニ、風采《ふうさい》はどんなであったと? そうさ、脊丈《せだけ》のすらりとした、眼の鋭い、威厳のある男で、平常《ふだん》は冗談一ツ言わず、むッつりとした男じやった。最も経済の話説《はなし》になると、夢我《むが》夢中で、煙草の火の落ちたのも気付かずに話し込むという風で、薩摩弁であったが、舌鋒《ぜつぽう》は頗《すこぶ》る鋭かったわい。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。