構文的に見た指示詞の指示対象

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

構文的に見た指示詞の指示対象

近藤泰弘

1990

構文的に見た 指示詞指示対象」

日本語学』9巻3号

三上章現代語法序説』(昭42・くろしお出版再刊)

坂原茂「自然言語理解での論理構造解析に対する言語外知識の役割」(『言語文脈情報処理の研究』昭63年度文部省科学研究費特定研究・言語情報処理の高度化のための基礎的研究・研究発表資料集)

金水敏「日本語における心的空間と名詞句の指示について?」(『女子大文学(国文篇)』39号・昭63・3)

ジル・フォコニエ?(坂原他訳)『メンタル・スペース?』(白水社・昭52)

近藤泰弘「中古語の分裂文について?」(『日本女子大学紀要?文学部・38号・平元・3)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。