森潤三郎『考證學論攷』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

森潤三郎『考證學論攷』

森潤三郎

日本書誌學大系9

昭和五四年一一月三〇日印行

青裳堂書店

第一部 書誌學及び圖書館學論考

 賀茂三手文庫とその目録に就きて

 射和文庫に關する一資料

 紅葉文庫書目編纂事業

 板坂卜齋淺草文庫とその藏書

 江州圓滿院所見の佛書

 江戸時代後期における木活字による大出版

 古書の筆工と劂人

 再たび「筆工と剞劂師と」に就て

 古書閑談

  圓光寺活版

  大田南畝舊藏の「譯家必備

  武藏六所宮の藏書

  弘裕齋撰語

  以酊菴關係文書

  闕疑抄及び壽命院抄の古寫本

  古今集序註

  笠間で見た定家卿の色紙

  伊澤蘭軒及び壽阿彌の書簡

  堀河塾藏書

  敦煌發掘古書その他

  京都博物館所見古書

  花山院常雅公の藏書印等

  田口明良の藏書

  最古の印刷

  古文書一つ

  圖書寮所藏慶長活版二三

  元和活版續傳燈録

  慶長活版日蓮上人註畫讃

  活版植工常信

  古文書二通

  白河樂翁公蒐集の大般若經

  梔中鏡

  五雜爼の脱文

  謝肇淛と徐渤の藏書

  自笑其磧確執の一證

  大府江戸

  澁江抽齋長唄

  僧如環の活字印本

  拙修齋叢書

  聚分韻略刊行考

  家藏古書解題

  朽木兵庫助綱泰

  藏書家二三

  伴藤五郎直方

  書肆の大家

  書肆學者

  藏書の散佚

  諸侯及び旗下の藏書

 洛陽名所集とその著者とに就きて

 棭齋自筆青裳襍記の紹介

 狩谷棭齋の京游筆記

 考證學者伊澤蘭軒父子及び澁江抽齋枳園の一面

 澁江抽齋父子の雑記發見

 藏書家大久保酉山

 三浦正子の二葉草と柴野栗山

 圖書に關係深き諸侯旗下の調査

  新宮城文庫の主 水野忠央丹鶴叢書

  甘雨亭主 板倉伊豫守勝明

  黄雪園主 市橋下總守長昭

  佐伯文庫主 毛利伊勢守高標

  漱芳閣主 淺野備前守長祚

  花廼舎文庫主 堀内藏頭直格

 蒐書餘談

  藏書家白藤として知られたる書物奉行鈴木岩次郎成恭の事蹟


第二部 醫史學に關する考證

 江戸幕府時代醫界の名家/多紀氏の事蹟

  緒言

  多紀氏系圖

  多紀氏履歴

  多紀氏墳墓

  多紀氏の交友

  多紀氏の門人

  醫學館(沿革、考試、講書、出版検閲、施薬、罹災、補助町屋敷)

  多紀氏及び醫學館の校刻事業

  多紀氏歴世の著述

  多紀氏年譜

  引用書目

  跋語

  補訂

解説朝倉治彦執筆

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。