森崎和江「悲しすぎて笑う」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

森崎和江「悲しすぎて笑う」

森崎和江

悲しすぎて笑う

女座長筑紫美主子の半生


「佐賀市に住んでいました私が他県にでまして、はじめてお芝居しましたのが、中間のお隣の香月村でした。まあだ戦争中です。あそこで佐賀にわかをいたしました。それこそ福岡県にでてはじめての舞台だものですから、私ははりきってしかかったのですよね。

 そうしたところが、お客さまが、しらーっとしていらっしゃいます。しばらくして『そりゃどこの芝居ね、シナの芝居ね』と聞かれました。『なーんもわからんよ』と言って、ぞろぞろ帰って行きなさったとです。男の方も、おばあさんも、子どもさんも。

 次の日は化粧して待っとりましたが、一人もみえません。それこそ猫の子一匹きません。佐賀弁が通じませんのです。

 さあ、どうするか……お芝居しなければ食べられません。興行師さんの腹立てて腹立てて叱りとばしなさるばってん、どうもこうもなりません。佐賀にわか佐賀弁でなしゃあ、面白くもなんともないとですもの。方言の面白さで笑わせるお芝居ですもの。

 それが言葉が通じないとなら、どうもこうもならんとです。たった県いっちょちごうただけで、こがん言葉の通じんとは、知りませんでした。

 さあ……、どがんして食べよう、と、頭かかえました」

 そして翌日、中間の町の劇場に入ったというのだった。

 ここでは佐賀にわかはせずに、時代劇と人情物をした。どちらも共通語せりふなので何事もなく終った。

 けれども筑紫美主子劇団の売物となる芝居は佐賀にわかである。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。