森岡健二『近代語の成立 明治期語彙編』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

森岡健二『近代語の成立 明治期語彙編』

http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=NCID%3ABN04125783

  ◇英和辞書における訳語

第一章 英和辞書における訳語の変遷

  1 辞書の選択

  2 訳語の抽出

  3 各辞書における訳語法の特質

  4 語構成の変遷

  5 品詞語構成

第二章 英和辞書に与えた蘭学の影響

  1 『英和対訳袖珍辞書』の特徴

  2 『和蘭字彙』との比較

第三章 英和辞書に与えた英華字典の影響

  1 英華字典の概要

  2 英和辞書とロブシャイド

第四章 『英和字彙』における中国語訳の受け入れ


  ◇翻訳書における駅語◇

第五章 翻訳書に与えた英華字典の影響

  1 中村正直訳『自由之理』(明治五年)

  2 西周訳『利学』(明治一〇年)

  3 佐藤喜峰訳『天路歴程』(明治一二年Y

  4 その後の翻訳

  5 中国語採り入れに関する諸問題

第六章 西周訳語

  1 辞書との関係

  2 使用訳語の存在の有無について

  3 生存話と廃語の性格

第七章 新訳聖書和訳

  1 和訳聖書における漢字の役割

  2 和文調の基礎に見られる漢字書き下し文-

  3 用語における漢訳との関係

  4 構文における漢訳との関係

第八章 旧約聖書和訳

  1 和訳旧約聖書成立過程

  2 翻訳の方法に関する問題点-

  3 漢字用法と漢訳との対応:

  4 漢訳と一致する語::

  5 漢訳と一致しない語・


  ◇現代漢語の特質◇

第九章 漢語訳の方法

  1 問題

  2 置きかえ

  3 再生転用

  4 変形

  5 借用

  6 仮借

  7 造語

第十章 現代漢語成立条件

  1 訳語における「語」と「字」との遊離

  2 訳語における「語」と「字」との一致

第十一章、文字形態素論

  1 「新しき国語学の提唱」……-

  2 形態素としての文字の機能-

  3 漢字形態素の種類

  4 漢字形態素複合形式

第十二章 学術用語翻訳

  1 概観

  2 各分野の漢語の比較

第十三章 明治・大正・昭和漢字漢語の変遷

  1 前提となる調査

  2 質的に見た漢字漢語

  3 分類手順

  4 量的推移

  5 日本語の傾向ーi近代から現代へ

第十四章 「和英語林集成」を通して見た漢語の推移

  1 西洋文化輸入によって生じた新漢語

  2 明治初期に使用されている漢語で現在使用されない廃語

  3 漢語読み方の推移

付表

人名索引

書名索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。