梶井基次郎,外村繁,中島敦集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

梶井基次郎,外村繁,中島敦集

『現代日本文學大系』

梶井基次郎

 檸檬

 城のある町にて

 泥濘

 路上

 橡の花

 過古

 雪後

 ある心の風景

 Kの昇天

 冬の日

 蒼穹 

 筧の話

 器楽的幻覚

 冬の蠅

 ある崖上の感情

 桜の樹の下には

 愛撫

 闇の絵巻

 交尾

 のんきな患者

 「青空」のことなど


外村繁

 澪標

 鵜の物語

 紅葉明り

 夢幻抱影

 最上川

 赤と黒

 夕映え

 岩のある庭の風景

 落日の光景

 日を愛しむ


中島敦

 山月記

 斗南先生

 かめれおん日記

 牛人

 盈虚

 悟浄出世

 悟浄歎異

 幸福

 名人伝

 弟子

 李陵


付録

 梶井基次郎のこと(中谷孝雄)

 梶井基次郎君の憶出(三好達治)

 外村繁(淀野隆三)

 外村繁文学(奥野健男)

 中島敦(中村光夫)


年譜

著作目録

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。