梅棹忠夫『知的生産の技術』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

梅棹忠夫『知的生産の技術』

岩波新書(青版)722

1969年7月21日 第1刷発行

1977年6月20日 第25刷発行

梅棹忠夫

まえがき

はじめに

 学校はおしえすぎる

 やりかたはおしえない

 技術の不足と研究能力

 技術ぎらい

 知的生産とは

 情報産業の時代

 生活の技術として

 現代人の実践的素養

 物質的条件の変化

 個人の知的武装

 この本のねがい


1 発見の手帳

 ダ・ヴィンチの手帳

 わかき「天才」たち

 発見の手帳

 文章でかく

 有効な素材蓄積法

 発見をとらえる

 手帳の構造

 一ページ一項目

 索引をつくる


2 ノートからカード

 直輸入の伝統

 天皇のノート

 ノートの進化

 ノートからカード

 野帳

 野外調査法とカトド

 現地でカードをつくる

 共同研究

 京大カード


3 カードとそのつかいかた

カードのおおきさ

 紙質と印刷

 もってあるく

 わすれるためにかく

 一枚一項目

 分類が目的ではない

 歴史の現在化

 有限への恐怖

 カードへの批判


4 きりぬきと規格化

 はじめてのきりぬき

 スクラップ・ブック

 台紙にはる

 しわけ棚からオープン・ファイルへ

 資料を規格化する

 先輩のおしえ

 むつかしい写真整理

 市販品と規格化

 規格品ぎらい


5 整理と事務

 本居宣長の話

 整理と整頓

 おき場所の体系

 整理法の模索史

 パーキンス先生のこと

 垂直式ファイリング

 分類項目をどうするか

 キャビネット・ファイル

 家庭の事務革命

 空間の配置をきめる

 事務近代化と機械化

 秩序としずけさ


6 読書

 よむ技術

 よむこととたべること

 本ずきのよみべた

 「よんだ」と「みた」

 確認記録読書カード

 読書履歴書

 一気によむ

 傍線をひく

 読書ノート

 本は二どよむ

 本は二重によむ

 創造的読書

 引用について



7 ペンからタイプライター

 日本語を「かく」

 筆墨評論

 鉛筆から万年筆

 かき文字の美学と倫理学

 タイプライターのつかいはじめ

 手がきをはなれて

 ローマ字論の伝統

 ことばえらびとわかちがき

 文字革命のこころ

 きえた新字論

 ローマ字からカナモジ

 カナモジ論の系譜

 カナモジタイプライター

 カナモジへの抵抗

 ひらかなだけでかく

 ひらかなタイプライター

 改良すべき問題点


8 手紙

 情報交換の技術

 手紙形式の収れんと放散

 形式の崩壊

 手紙ぎらい

 形式再建のために

 あたらしい技法の開発

 タイプライターがきの手紙

 まちがいなくきれいに

 手紙コピー

 住所録は成長する

 アドレス・カード


9 日記記録

 自分という他人との文通

 魂の記録と経験の記録

 自分のための業務報告

 バラ紙にかく日記

 日記をかんがえなおす

 日記記録のあいだ

 記憶せずに記録する

 メモるしつけ

 野帳の日常化

 カードにかく日記

 個人文書


10 原稿

 他人のためにかく

 練の欠如

 印刷工事の設計図

 出版印刷関係者の責任

 ルールは確立しているか

 原稿原稿用紙にかく

 原稿用紙

 原稿から印刷

 わかちがき原稿

 印刷技術をかえる

 清書はいらない

 かならずコピーする


11 文章

 失文症

 行動家の文章ぎらい

 才能より

 かんがえをまとめる

 ござね法

 ばらばらの資料をつなげる

 発想の体系的技術

 みじかくわかりやすく

 用字用語の常識

 日本語は非論理的か

 文章技術の両極

 国語教育の問題


おわりに

 技術の体系化をめざして

 情報時代のあたらしい教育

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。