梅棹忠夫『あすの日本語のために』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

梅棹忠夫『あすの日本語のために』

梅棹忠夫

昭和62年12月7日 初版第1刷発行

くもん出版

  Ⅰ

ローマ字時代


  Ⅱ

つりのことば

はじめてローマ字論文をかくひとのために

ラーバとニンフ

日本の科学と日本のことば

インドできいた日本語

アジアにおけるローマ字

日本語ローマ字表記をめぐって


  Ⅲ

ことばの手帳 

 日本語と略号   

 カナ・タイプライター?   

 シャクセイ 

 ご結婚   

 候補者の名 

 偏奇館と日乗 

 言語ポーズ 

 家務と整容   

 自動車の名   

 日本ふうの名がよい 

 五輸用の語学

 カナの名まえ 

 パーラーカー 

 さかだち   

 ダットサン

 複数定冠詞 

 テレヴィジョン

 絶叫の芸術 

 年賀状ことば 

 無意味英語  

 毛筆用法

 バンザイ! 


ことばの風景    

  NTTと亅R 

  ワープロ 

  フェスティバル 

  長音符

  力士の名 

  人文科学研究所

  フクちゃん 

  英語宣誓 

  「ひまわり」と「もんじゅ」

  西日本

  コンピュータ 

  「えーと」

  「近畿圏研究」 

  シンクタンク 

  わかちがき 

  「アレ」

  容疑者

  「みんぱく」


  Ⅳ

日本語にみる近代化    

現代における国語国語教育    

講座正しい日本語」に期待する    

岩波講座日本語」──ふたつの期待    


  Ⅴ

第二標準語論   

いかが関西語版    

あたらしい標準語はのぞめないか?    

    ──「関西標準語」を提唱する

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。