根来司『源氏物語枕草子の国語学的研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

根来司『源氏物語枕草子の国語学的研究』

根来司

源氏物語枕草子国語学的研究

1977

有精堂出版

総論

 源氏物語語り口

 源氏物語枕草子挿入

 枕草子における「たり」「り」

源氏物語国語学的研究

 源氏物語青表紙本本文

 源氏物語その散文の純粋性

 源氏物語表現と語る文

 源氏物語における「給ふ」「給ふる」

 源氏物語ことば

枕草子国語学的研究

 枕草子三巻本の本文

 枕草子の見立てと「をかし」

 枕草子の見立てる文

 枕草子いのける「紫に」「蘇枋に」

 枕草子ことば

付記

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。