柳田国男集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

柳田国男集

定本

→『定本柳田国男集』?

『現代日本文學大系』

病める俳人への手紙

女性俳諧

家と文学

義経記成長の時代

笑の本願

不幸なる芸術

嗚滸の文学

山の人生

妖怪談義

雪国の春

清光館哀史

をがさべり

秋風帖

高麗島の伝説

八丈島流人帳

豆の葉と太陽

椿は春の木

美しき村

武蔵野の昔

野草雑記

草の名と子供

鳥の名と昔話

烏勧請の事

信濃柿のことなど

信濃桜の話

猿の皮

狐飛脚の話

猿地蔵

藁しべ長者と蜂

片足脚絆

味噌買橋

母の手毬歌

親棄山

歌と「うたげ」

山歌のことなど

物言ふ魚

ダイダラ坊の足跡

妹の力

うつぼ舟の話

木綿以前の事

遊行女婦のこと

国語の将来

喜談日録

遊海島記

海上の道

魂の行くへ


参考

 竹馬余事(抄)


付録

 詩人時代の柳田国男先生(柳田泉)

 偉大なる未完成(石田英一郎)

 柳田国男の思想(中村哲)


年譜

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。