柳田国男「蝸牛考」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

柳田国男「蝸牛考」

創元叢書

https://m.box.com/view_shared/5zjbm0e0ccrlzk6a6r7g

定本柳田国男集18所収はこれによる。

 改訂版の序

 初版

言語時代差と地方差

四つの事實

方言出現の遲速

デンデンムシの領域

童詞と新語發生

二種の蝸牛の唄

方言轉訛の誘因

マイマイ領域

その種々なる複合

蛞蝓と蝸牛

語威の推移

命名は興味から

上代人の誤謬

單純から複雜へ

語音分化

訛語方言

東北と西南と

都府生活と言語

物の名と知識

方言周圏論

蝸牛異名索引



参考

隈元明子「『蝸牛考』の増補改訂をめぐって」?

東横国文学19(1987)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。