林望「薩摩スチューデント、西へ」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

林望「薩摩スチューデント、西へ」

林望

九州弁小説

時代小説

薩摩スチューデント、西へ (光文社時代小説文庫)

薩摩スチューデント、西へ (光文社時代小説文庫)


おいどん


 土佐の訛りだった。



 堀(堀達之助)は長崎の人で、外国で語学を学んだという経験はないのだが一種の天才だったのであろう、殆ど完璧なクイーンズ・イングリッシュを話し、かつ読み書きすることができた。しかも、年中幕府の役人などと接触してきたためか、長崎訛りもあまりなく、まるで江戸の御家人のような口調で話すのだった。

 さすがの堀もこのスコットランド弁にはたじたじというところであった。もごもごと口のなかで言いなずむ感じが、どこか東北弁を思わせる。



町田はできるだけ薩摩弁を避けて角張った言葉遣いをした。



ロニーは最初の二日だけは姿を見せたが、だんだん話してみると、彼の日本語は最初思ったほどには達者でなく、薩摩の男たちが薩摩弁で話しているのにはまったく歯が立たない様子で、いつも退屈そうに黙っていた。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。