林史典「呉音系字音における舌内入声音のかな表記について」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

林史典「呉音系字音における舌内入声音のかな表記について」

林史典

呉音字音

舌内入声音

『国語学』122

呉音字音における舌内入声音かな表記について


一 従来の解釈とその問題点

二 院政期以前における舌内および喉内入声音の表記原理

舌内入声音におけるかな表記の変化(1)

舌内入声音におけるかな表記の変化(2)

舌内入声音かな表記における変化の意味

舌内入声音促音との関係

七 結語

橋本進吉キリシタン教義の研究』(著作集一)

同 「国語音節構造の特質について」(著作集四所収)

岩淵悦太郎謡曲の謡い方における入声ツについて」(『国語史論集』所収)

浜田敦促音沿革考」(『国語国文』一四-一〇)

橋本進吉「国語音韻の変遷」(著作集四所収)

小松英雄日本字音における唇内入声韻尾の促音化と舌内入声音への合流過程」(『国語学』第二五輯)

林史典呉音のかな表記における舌内および喉内入声音のかきわけについて」(千葉大学教育学部研究紀要二三)

小松英雄『日本声調史論考』

中田祝夫古点本の国語学的研究

春日政治『西大寺本金光明最勝王経古点の国語学的研究』

岩淵悦太郎国語における入声tの歴史と外来音の問題」(『日本諸学振興委員会研究報告』一二)

浜田敦促音沿革考」(『国語国文』一四-一〇)

奥村三雄「古代の音韻」(講座国語史2『音韻史文字史』)

築島裕法華経音義について」(山田忠雄編『本邦辞書史論叢』所収)

望月郁子観智院本『類聚名義抄』の和音注--法華経字彙との関連において--」(『訓点語と訓点資料』第六三輯)

林史典法華経音義における字音分類について」(『中田祝夫博士功績記念国語学論集』)

白木進『かたこと』(笠間選書)

安原貞室かたこと

遠藤嘉基『訓点語と訓点資料の研究』

小林芳規中世片仮名文の国語史的研究』(広島大学文学部紀要 特輯号3)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。