板野博行『板野のステップアップ古文4上位私大編』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

板野博行『板野のステップアップ古文4上位私大編』

[学習参考書]

板野博行

2007.9.20

アルス工房発行

星雲社発売

とはずがたり 女房の方には~御贖ひに定まる

十六夜日記 思ひ続くれば~何となく急ぎ発ちぬ

大鏡 この中納言は~もてはやしきこえさせたまひける

宇治拾遺物語 白川法皇、鳥羽殿におはしましける時~ゆりてけるとか

撰集抄 ある年の弥生のころ~たとへなくぞ侍る

平家物語 八条の女院に~いそぎ乗りてぞおはしたる

方丈記 また、養和のころとか~めづらかなりし事なり

毎月抄 まことに宜しき歌の姿とは~自然によみ出ださるる事にて候ふ

蜻蛉日記 さいふいふも~島がくれにし人を尋ねむ

落窪物語 今は昔、中納言なる人の、~となげく

浜松中納言物語 その時、大臣上達部の~ひきつくろひておはしぬ

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。