松平円次郎

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

松平円次郎

松平圓次郎

補語に就て」『帝国文学

係結法の起源『帝國文學』十一ノ十二

俗語辞海』。堀籠美善山崎弓束との共編。

日本文法教科書明治35年


文学士

哲学科の出身と、吉岡郷甫「松平文学士の「補語に就て」を読む」(『帝国文学』)にあり。

『会員氏名録』(学士会)で、明治26年卒、文、哲学

『会員氏名録』昭和26・27年版の「逝去会員」(自昭和十八年七月至昭和二十六年六月)に載る「松平丹次郎」は、「文・二六」とあり、松平円次郎の誤りなるべしと思わる。


濱野知三郎とともに、「増補言海編集員であった。(『近代文学研究叢書28』大槻文彦



第一高等学校明治23年文科卒業(夏目金之助らと同期)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。