松下見林

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

松下見林

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/daijinmei/ma/ma047.html


 松下見林(学)七本松通下立売上ル西側大雄寺墓地

名は慶攝、初の名秀明、字諸生、見林西峰山人と号す。浪華の人、年十三京師に出で古林見宜?の門に入り医を学ぶ。二十一にして見宜?歿す、乃ち堀河に僑居、医を業とす。博覧強記漢学に精しく、又本邦の古典を渉獵す。所蔵本十万巻に近し。著述二百巻の多きに及ぶ。元禄十六年十二月七日歿享年六十七。墓銘西峰松下見林墓。明治三十年四月従四位を贈らる。

結城素明『藝文家墓所誌』


PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典に項目あり。
http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。