東音譜

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

東音譜

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/t5/kokusyo_to004.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ta/kaidai_ta047.html

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50548702.html

http://dbrec.nijl.ac.jp/KTG_W_381715

東音譜 一巻一冊

 享保四年新井白石著。新井白石全集所収。本書は「琴譜」に倣って又それに羅馬字法の知識をも加へて片假名を用ひて一種の綴字法を立案したものである。即ち五十音の各字音支那の杭州・泉州・漳州・福州等の字音と對比し、又五十音には無い外國音の寫し方を立案してゐる。この白石の考案は前記支那各州の音によく通じてゐなかった事、又五十音のア・ヤ・ワ三行の文字配列に錯誤があった事などによって結果には遺憾の點が多いが、その博學と卓見とには敬服するものである。(猶徳川時代に於いて白石の外に片假名を以って一種の綴字法を考案したしのに僧文雄がある-和字大觀抄參照)

【參考】

* 「新井白石全集」第一巻 例言

亀田次郎国語学書目解題」)

http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/ru02/ru02_02089/index.html


国語学大系』4

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。