東雅

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

東雅

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50548700.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ta/kaidai_ta047.html

東雅 二十巻

 享保二年新井白石著。明治三十六年大槻如電がこれを刊行した。新井白石全集にも所收、東雅は「日東?爾雅」の意であり特に國語名詞について語源的研究をなしたものである。而して第一巻は総編であり語源研究の意見を述べ、第二巻以下を(一)天文附歳時以下(十五)虫豸?迄十五門に分類してゐる。本書は著者不遇時代に物した故もあり誤謬不備も少くないがその研究の結果は「和句解」や「日本釋名」の常識的考察を脱して歴史的に考究して居る。この學問的方法を初めて實際に應用した本書は語源研究上に一時期を劃した名著として推賞すべきものである。

【參考】

* 言語學者としての新井白石上田萬年國語のため」第一。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/993108

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。