東條操『方言学の話』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

東條操『方言学の話』

東條操

昭和32.12.10

明治書院

https://app.box.com/s/t37zmrtp9pp3wy7veydb2hfvbzkj4yiw

はじめに

方言学の話

方言周圏論方言区画論

方言と古語

方言に現れた用語活用の新傾向

方言標準語


メダカとメメザコ

霜柱と氷柱

ツバキ(唾)の音訛

ヒキガエルの俚言


方言研究法二条

方言音韻に関する諸問題

方言語法の調査

方言分布



万葉集東歌防人歌

洒落本方言

御国通辞杜陵方言考

物類称呼越谷吾山

上田先生と方言


付録

 方言集書目抄(一九五四一九五六

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。