東京語辞典

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

東京語辞典

小峰大羽『東京語辞典』


http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/94

【は】

ばアたれ【婆】

ばいた【密淫売婦】

ばい・にん【売人】

はうき【箒】

ば・うて【場打】

ばうず・よみ【坊主読】

はえ・ぬき【生抜】

はがうく【歯浮】

ばか・ばやし【馬鹿難子】

はき・ちがへ【穿違】

はぎれ・の・しねえ【愚図愚図】

はく・ちやう【白丁】

ぱくつく【食】

ぱくぱく

ぱくり

ばく・れん【莫連】

はげ・ちやん【禿漢】

はこ・し【箱師】

はさみ・むし【挟虫】

はしやぐ【燥】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/95

はしよ・る【端折】

はすは【蓮葉】

は・だい【歯代】

はだか【裸】

はたき【払塵】

はた・く【掃】

はたけ・すゐれん【畠水練】

はだ・を・ぬぐ【肌脱】

はち・かく・の・みづ【八角水】

はちり・はん【八里半】

ばつ【機会】

はっしゃまへ

ばったり

はッち【許】

はッ・つけ【撲付】

はッ・てんぐ【八天狗】

ばッぱ・と【放胆】

はつ・みせ【初見世】

はと・こんじヤう【鳩根性】

はと・の・まめ・づかひ【鳩豆使】

はな・あかす【鼻明】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/96

はな・いき【鼻息】

はな・が・あく【鼻開】

はな・ぐすり【鼻薬】

はなげ・を・よむ【鼻毛読】

はな・ざくろ【鼻柘榴】

はなし・ぐひ【話喰】

はなせる【話能】

はなッたらし【漢垂】

はなッつまみ【鼻撮】

はな・で・あしらふ【鼻扱】

はなッぱり【鼻張】

はなッびしげ【鼻拉】

はな・つまみ【鼻撮】

はな・に・つく【鼻附】

はな・の・した・の・おまつり【鼻下御祭】

はな・の・した・が・ながい【鼻下長】

はな・の・した・の・こんりふ【鼻下建立】

はなみ・じらみ【花見蚤】

はな・もち・が・ならぬ【悪臭】

はな・を・あかせる【鼻明】

はな・を・つままる【鼻撮】

はな・を・とる【鼻取】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/97

はにかむ【含蓋】

はね【閉場】

はね【泥】

はね・あがり【跳上】

はねッ・かへり【跳反】

はねる【刎】

はば・が・きく【幅利】

はばかり【厨】

はばッくち【扁口】

は・はき【箒】

はば・る【幅】

はば・を・きかす【幅利】

はえ・ぬき【生抜】

はま・の・まつかぜ【浜松風】

はまり・こむ【陥込】

はみ・だ・す【食出】

はやりッ・こ【流行児】

はら・す【言尽】

ばらす【売払】

はりこ・の・とら【張子虎】

は・る【張】

ばれ・ぐち【露顕口】

ばん【半鐘】

はん・か【半可】

ばん・から【蛮襟】

はん・ぎよく【半玉】

はんしよう・どろぼう【半鐘泥棒】

はん・すけ【半助】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/98

ばん・だい・づら【盤台面】

はん・だう【半道】

はんてん・ぎ【半纏着】

ばん・とう【八】

はん・とら【半虎】

はん・ぱ【半端】

はん・ま【半間】

【ひ】

ひがし・りやう・ごく【東両国】

び・か・ちやう【鼻下長】

ひき・ずり【引摺】

ひき・つけ【引附】

ひきて・ちやや【引手茶屋】

ひきぬき・ふすま【引抜襖】

ひき・もの【朝者】

ひさし・がみ【庇髪】

びく・つ・く【淘掬】

びく・び・く【掬淘】

ひさ・まつ【久松】

ぴし・びし【緊緊】

ひだり・ぎッちよ【左利】

ひだり・まへ【左権】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/99

ひぢてつ【肱鉄】

ひッかけ【引掛】

ひッきり・なし【引切無】

ひッさらふ【引撰】

ひッたくり【引奪】

ひッ・ぱり【引張】

ひッぱり・だこ【引張凧】

ひと・いッすん【人一寸】

ひとつ・あな【一穴】

ひと・を・くふ【人食】

ひとり・ぼッち【一人法師】

ひなた・ぐそ【日向糞】

ひねくる【弄】

ひねくれる【執勘】

ひヤくしやウ・よみ【百姓読】

ひやッこ【冷奴】

ひやッこい【冷乎】

ひよう・きん【瓢軽】

ひよ・ぐる【滑稽

ひよッと【万一】

ひよッとこ【彦徳】

ひよッとこ・どッこい【彦徳】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/100

びら【紙幣】

ひら・がたき【平敵】

ひら・ぐも【平蜘蛛】

びら・しヤら【引摺】

ひらベッたい【平】

びりッこけ【最下】

ひりひり【辛辛】

ひる・あんどん【昼行灯】

ひるぎつね【昼狐】

ぴんぞろ【一揃】

ひん・ながす【引流】

びん・ばふ・くじ【貧乏圃】

【ふ】

ふい【空】

ふいご・の・むかう・づら【鞠向面】

ふか・がは・の・はんだい【深川盤台】

ふき・がへ【吹替】

ふき・だす【噴飯】

ぶきッちよ【不器用】

ふ・ぐり【睾丸】

ふく・れる【膨脹】

ふくろ・たたき【袋叩】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/101

ふくろッ・こ【袋子】

ふくろ・みみ【袋耳】

ふけ・る【吹消】

ふざ・ける【巫山戯】

ぶしつけ【無躾】

ぶち・のめす【打倒】

ぶッかき【打欠】

ぶッ・かけ【打掛】

ぶッきら・ほう【打切棒】

ぶッ・きり・あめ【打切飴】

ぶつ・くさ【眩】

ぶッこぬき【打貫】

ぶッ・こ・む【打込】

ぶッ・さ・く【打裂】

ぶッたくり【強奪】

ぶッたふす【打倒】

ぶッちがひ【打違】

ぶッちめる【打占】 「ぶッめちる」

ぶッちやう・づら【仏頂面】

ふッつり【払乎】

ぶッつり【断然】

ふッと【不意】

ぶッとば・す【打飛】

ぶッぱらふ【打払】

ふて・え【太】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/102

ふて・くされ【不貞腐】

ふて・ね【不貞寝】

ふて・のみ【不貞飲】

ふところ【懐】

ふとッ・ちよ【肥大者】

ふとッぱら【太腹】

ふな・の・ねんぶつ【鮒念仏】

ふ・ぬけ【賄抜】

ふは・ふは【瓢々】

ぶま【不間】

ふみ・つける【踏付】

ふやけてる

ふらり【瓢然】

ぶらんこ【緯死】

ふり・つけ【振付】

ふ・る【振】

ふる・ぎつね【古狐】

ふる・たぬき【古狸】

ふるッてる【振】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/103

ぶる・ぶる・もの【戦慎】

ぶん・こう【文口】

ふん・ぞり・かへ・る【踏反返】

ふんだく・る【引奪】

ふんだり・けッたり【踏蹴】

ふんだん・に【不断】

ぶん・ながし【打流】

ぶん・なぐ・る【打撲】

ふん・ばり【蹟張】

【へ】

ぺいぺい【平平】

へえこら・へえこら【低頭追従】

べえろしや

べく・の・じ【可字】

ぺけ【不可】

へげ・なこ【卑下猫】

へこたれ【凹垂】

ぺこ・ぺこ【凹凹】

へこ・む【凹】

へそ・くり・がね【膀繰金】

へそ・で・ちや・を・わか・す【瞬沸茶】

へそ・を・よる【撚瞬】

べた【総】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/104

へた・ばる【困慮】

べたべた

べちや・べちや【喋喋】

べっかっこう

ぺてん【詐欺】

へなちヨこ【猪口才】

へ・の・じ【へ字】

へばり・つ・く【粘着】

へ・ばる【粘】

ヘベれけ【泥酔】

へぼ【平凡】

へぼ・すけ【平凡助】

へま【下間】

へらず・ぐち【不謙口】

べらンめえ【箆棒奴】

べんけい・の・なき・どころ【弁慶泣所】

へん・ちき・りん【変痴奇】

へん・てこ【変挺】

へん・てこ・らい【変挺来】

へん・てこ・りん【変挺】

へんてこれん【変挺】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/105

べん・てん・こうぢ【弁天小路】

べんべら・もの【粗悪薄】

べん・べん・だらり【便便焉】

   【ほ】

ぽい

ぼい・やる【追遣】

ぼう・に・ふる【棒振】

ほう・ばな【棒端】

ほう・ぼう【茫茫】

ほ・うら・を・うつ【帆裏打】

ぼう・を・くはせる【棒喰】

ほう・を・のむ【呑棒】

ほえ・づら【吠面】

ほく・こく・びより【北国日和】

ほく・こく・の・らい【北国雷】

ぼく・たう【木刀】

ほく・たう・やらう【木刀野郎】

ぼく・ねん・じん【朴念仁】

ほ・け・る【毫】

ほこ・とん【矛盾】

ぼこ・らん

ほじくり・かへ・す【穿返】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/106

ほそびき・の・かはながれ【細引川流】

ぼちヤまる【丸肥】

ほッ・たて【掘建】

ほッたらか・す【放置】

ぼッち【許】

ぽっとで

ぼッち【懐中】

ぼつ・ねん【子然】

ぽて【妊娠】

ぼてれん【妊娠】

ほとけ・の・わん【仏椀】

ぼとぼと

ぼや【小火】

ぼり・ちや・や【暴利茶屋】

ほり・や【暴利屋】

ほる【貧】

ぼろッ・かひ【濫襖買】

ぼろッ・とぢ【鑑襖綴】

ほろゑひ【微酔】

ほん・かぐら【本神楽

ぼん・くら【凡蔵】

ぼん・つく【凡漢】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/107

ほん・つり【本釣】

ぼん・ぴき【凡引】

ほん・ぶり【本降】

ほん・よみ【本読】

   【ま】

まいる

まがッた・まつ・の・き【曲松木】

まがり・や【執鋤者】

まがる【曲】

まき・あ・ぐ【捲上】

まき・がみ【巻紙】

まき・ざッぽう【薪】

まきじた【巻舌

まぐ・さ【鮪差身】

まけ・をし・み【負惜】

まげ・をしみ【髭惜】

まじまじ

ます・の・すみ【升隅】

まぜッかへす【交返】

また・に・かける【懸股】

まだるッこい【間怠】

ま・ぶ【間夫】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/108

まやかし【贋】

まる・ぼちや【円顔】

まん・きん【万金】

まん・ぱち【万八】

【み】

みえ【見得】

みこし・を・すゑる【据神輿】

み・じめ【悲惨】

みず・てん【不見転】

みす・の・うち【肇簾内】

みせがり【店借】

みせ・の・ひと【店人】

みせびらかす

みそッ・かす【味噌津】

みそ・を・つけ・る【味噌付】

みちくさ・を・くふ【道草食】

み・ぢん・ぼう【微塵棒】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/109

みづあげ【水揚】

みづ・いらず【水不入】

みづ・を・さす【水挿】

みつ・かなわ【三金輪】

みッちり【精一杯】

みづッぼい【水潤】

みッともない【外見悪】

みつ・また【三叉】

みつめ・ぎり【三妻錐】

みづをむける【水向】

みやう・じん【明神】

みやう・だい・べや【名代部屋】

みや・まへ【宮前】

み・を・きら・るる【身被切】

【む】

むかッぱら【向腹】

むかふ・を・はる【張向】

むき【憤気】

むく・どり【椋鳥】

むくむく

むぐ・り【潜】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/110

むし・が・よい【虫好】

むしやうに【無上】

むしや・くしや【欝悶】

む・す【蒸】

むすめ【娘】

む・ちゆう・さく・ざゑもん【夢中作左衛門】

むッちり【肉付豊】

むッつり【寡言】

むッと【佛然】

むね・に・ひ【胸火】

むらさき【紫】

むら・さめ【村醒】

【め】

めいど・の・ひきやく【冥途飛脚

めき・めき【進展】

め・くさり・がね【目腐金】

めくじらをたてる

めくら・めッさう【盲人滅相】

めちヤ・めちヤ【滅茶滅茶】

めッかち・しやうが【偏目生姜】

めッ・ける【見出】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/111

めッちや【痘痕】

め・づら【目面】

めッ・ぼふ・けえ【滅法界】

め・の・うへの・たんこぶ【目上疾瘤】

め・はッすん【目八寸】

めり・やす【莫大小】

め・を・ぬく【目抜】

めん【面】

めん・くらふ【面喰】

めん・た【借倒】

【も】

もう・ろう・しやふ【朦朧車夫】

もくぎよ【木魚】

もぐり【潜】

もじ・もじ【薦躇】

もず・かん・ぢやう【鴉勘定】

もたれ【切前】

もち・に・つく【餅揚】

もッけ・の・さいはひ【擁倖】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/112

もて・あつかひ【持扱】

もて・ぬ【不運】

もと・きち【元吉】

もと・の・さや・へ・をさまる【故鞘収】

もと・の・もくあみ【元木阿弥】

もと・の・もくわん【元木椀】

もと・よし・はら【元吉原】

もむ【練習】

もり・じほ【盛塩】

もん・きり・がた【紋切型】

もんく【文句

もんぜき・まへ【門跡前】

もんでゆく

もん・び【紋日】

【や】

やう・ふく【洋服】

やか【安価】

やき・て【妬婦】

やくざ【無能】

やぐらをあげる

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/113

や・くわん・しんじん【薬錐信心】

やけのやんぱち

やけ・ほッ・くゐ【焼木杭】

やじ・うま【弥次馬】

や・し【香具師

や・すけ【弥助】

やすりかすり

やせッぽち【清者】

やだいじん【矢大臣】

やたい・みせ・の・かに【屋台店蟹】

した・まち【下町

やたら・むしやう【矢鱈無性】

やぢ【爺】

やッかむ【嫉妬】

やッこ【奴】

やッちや・ば【青物市場】

やつやま【八山】

やどろく【宿六】

やなぎ・の・おばけ【柳御化】

やなぎ・ばし・げいしや【柳橋芸妓】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/114

やなぎはら・だいなごん【柳原大納言

やにッこい【脂濃】

やね・が・もる【屋根漏】

やね・や【屋根屋】

やは【柔】

やばい

やぶ・した【藪下】

やぶ・ぢから【藪力】

やぶ・へび【藪蛇】

やぶみ【矢文】

や・ほ・ちやう【八百長】

やま・おろし【山卸】

やなぎ【柳】

やまこ【山子】

やまざくら【反歯】

やま・どり・ふうふ【山鳥夫婦】

やまのて【山手】

やみ・くも【闇雲】

やり・て【遣手】

やんちヤん【不弁理非】

やん・め【病眼】

やんや【喝采】

やん・はり【柔】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/115

【ゆ】

ゆかり・の・はちまき【紫鉢巻】

ゆき・おろし【雪卸】

ゆとり【裕】

ゆ・や・よこ・ちやう【湯屋横丁】

【よ】

よい・しヨ【懸声】

よい・よい【中風】

よこ・がみ・やぶり【横紙破】

よござんす【可也】

よこ・ちよ【横向】

よこッ・つら【横面】

よしはら・すドめ【吉原雀】

よそ・いき【余所行】

よた【与太】

よ・たか【夜鷹】

よたん・ばう【酔漢】

よッぴて【徹夜】

よつや・おほきど【四谷大木戸】

よなし【夜無】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/116

よひごし【宵越】

よぼ・たん【毫爺】

よろしく【宜敷】

【ら】

らい・じヤう【雷声】

らうか・とんび【廊下鳶】

らく・こ・の・かは【臓虎皮】

らしや・めん【洋妾】

らッ・きよう・づら【辣韮面】

らッしも・なし【将無】

らり・こッぱい【羅利骨灰】

らんくひ・ば【乱杭歯】

【れ】

れうりや・の・たひ【料理屋鯛】

れこ

れんぼ・ながし【恋慕流】

【ろ】

ろうず【珀貨】

ろく・づッぽう【砥々】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/117

ろッく【六区】

ろ・は【只】

ろ・れつ・が・まはらぬ【呂律不廻】

【わ】

わかい・もの【楼丁】

わかしユ・がた【若衆方】

わ・ごと【和事】

わさび・しやうゆ【山葵醤油】

わ・じつ【和実】

わた・の・ふんどし【綿憤鼻揮】

わッち【俺】

わらかす【笑】

わら・だな【藁店】

わら・を・たかれる【藁焚】

わり・かん【割勘】

わり・げすゐ【割下水】

わり・どこ【割床】

わり・を・くふ【割食】

われ・がね【破鐘】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/118

【ゐ】

ゐざ・きん【壁睾】

ゐ・ざんまい【居様】

ゐ・つゞけ【流連】

ゐて・くそ・を・する【居脱糞】

ゐど・ばた・くわいぎ【井戸端会議

ゐなかッ・ぺえ【田舎漢】

ゐ・の・ぼり【亥堀】

【ゑ】

ゑがらッぽい【歓辛】

ゑん・げん・だう【蓑彦道】

ゑん・すけ【円助】

ゑんたらう・ばしや【円太郎馬車】

【を】

をか・ばしよ【岡場所】

をか・ふい【非可笑】

をか・ぼる【岡惚】

をか・やき【傍焼】

を・ちごく【男地獄】

をば・さん【遣手】

をへ・ない【不平】

をり【折】

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/956382/119

をり・すけ・こんじやう【折助根性】

をれ・くち【折口】

をれる【挫折】

をわい・や【肥料取】

をんざ・の・はつもの【終初物】

をんな・ひでり【女早】

をんりやう【怨霊】

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。