李長波「江戸時代における漢文教育法の一考察

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

李長波「江戸時代における漢文教育法の一考察

李長波

江戸時代における漢文教育法の一考察 伊藤仁齋復文皆川淇園射覆文を中心に」


http://hdl.handle.net/2433/87686



文林良材

習文録


岡田正之(1934)「『復文系統的練習』序」山下賤民山下賤夫著『漢文法解説 復文系統的練習』國民教育會、一九三四年、1-2頁 *

魚返善雄(1963)『言語と文体』紀伊国屋書店、― 九六三年

魚返善雄(1966)『漢文入門』社会思想社、一九六六年

荻生徂徠(1973)『荻生徂徠全集』第一卷、河出書房一九七三

郭紹虞(1928a)「中國文學批評史上之神氣説」『小説月報』第十九卷第一號、121-136頁

郭紹虞(1928b)「儒道二家論『神』與文學批評之關係」『燕京學報』第四期、703-715頁

小柳司氣太(1914)「文部省國語漢文檢定試験を受ける心得につきて」『文章研究録』第五號、文章研究會編、目黒書店、一九一四年、25-29頁

佐久節(1914)「徳川時代に於ける漢文の變遷」『文章研究録』第三號、文章研究會編、目黒書店、一九一四年、21-27頁

霜鳥勇氣男(1925)『文部檢定國語漢文受験提要』芳文堂、一九二五

鈴木直治(1975)『中国語と漢文 訓読の原則と漢語の特徴 』光生館一九七五年

野本薫陽(1944)『漢文法復文の研究』東京圖書出版株式會社、一九四四

山下賤民山下賤夫(1934)『漢文法解説 復文系統的練習』國民教育會、一九三四年 *

吉川幸次郎(1962)『漢文の話筑摩書房一九六二

吉川幸次郎(1973)「徂徠学案」『荻生徂徠日本思想大系岩波書店一九七三年、629-739頁

李長波(1997)「皆川淇園言語研究-その言語観を中心に」Dynamis,Vol.1(京都大学大学院人間・環境学研究科文化環境言語基礎論講座)一九九七年五月、113-134頁

李長波(1998)「皆川淇園言語研究 その意味論構文論的な試みを中心に」Dynamis,Vol.2(京都大学大学院人間・環境学研究科文化環境言語基礎論講座)一九九八年三月、55-79頁

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。