李新魁『漢語等韻学』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

李新魁『漢語等韻学』

李新魁

漢語等韻学』  中華出版 1983年北京

上編 総論

第1章 等韻学等韻図

第1節 什麼是等韻学等韻図

第2節 等韻図的作用

第3節 韻図韻書的関係

第4節 等韻図撰作的体例

第2章 等韻学的一些基本概念

第1節 韻類方面的概念

 1 韻、摂、転

 2 等、呼

第2節 声類方面的概念

 1 字母、紐、助紐字

 2 五音七音清濁

第3節 調類方面的概念

第4節 射字

第3章 等韻的起源和発展

第1節 等韻的起源

 1 等韻悉曇章的影響下誕生

 2 “等”的概念的産生

第2節 等韻的発展

 1 宋元時期的等韻

 2 明清時期的等韻

第4章 等韻学理的研究和運用

第1節 从音理的角度来研究等韻

第2節 从音有定位、定数的観念来研究等韻

第3節 从音律的角度来研究等韻

第4節 対等韻学理的運用

第5章 等韻門法

第1節 等韻門法的産生和発展

第2節 劉鑑所定的十三項門法

第3節 真空所補充的門法

第4節 由等韻門法所見的韻図列字帰等的基本精神

下編 分論

第6章 表現中古韻書音系的等韻図

第1節 現存最古的等韻図

韻鏡》《通志・七音略

第2節 講究陽陰術数的《起数訣》

第3節 《四声等子》一類韻図

四声等子》《切韻指掌図》《経史正音切韻指南

第四節 清代的“述古”韻図

《示児切語》《等切元声》《等韻切音指南》《四声切韻表》《四声切韻類表》《四声切韻表補正》《切字肆考》《等韻輯略》《切韻求蒙》《四声韻譜》《等切南針》

第7章 研討上古語音的等韻図

第1節 紫紹炳的《古韻通》

第2節 戴震晩年的作品声類表》

第3節 《韻譜約観》和《声音表》

第8章 表現明清時代読書音的等韻図

第1節 《韻学集成》之類的等韻図

韻学集成》《声韻会通》《韻学大成》《并音連声字学集要》《字学元元》《韻表》《音声紀元》《音韻闡微韻譜》《韻学経緯》《掲韻摂法》《詩韻析》《韻譜淮編》《詩韻歌訣初歩》《詩韻四声譜広注》《同音字辨》《四声定切》《一日通韻

第2節 《韻法直図》一系的等韻図

《韻法直図》《太古元音》《韻切指帰》《声韻図譜》《韻宗正派》《五音正韻韻図》《増補韻法直図》《韻譜》《等韻法》《翻切指掌》《四声括韻》《切韻考》《等韻易簡》《字学呼名能書》《天籟新韻》《韻学指南》《反切直図》

第三節 《韻法横図》一系的等韻図

《韻法横図》《皇極図韻》《七音韻准》《切字図訣》《把〓軒切韻宜有図》《音学秘書》《徐氏等韻捷法》

第9章 表現明清口語標準音的等韻図

第1節 《青郊雑著》之類的等韻図

《青郊雑著》《書文音義便考私編》《交泰韻》《元韻譜》《韻通》《切韻声原》《切法辨疑》《翻切簡可編》《正音切韻指掌》《山門新語》《正音通俗表》《空谷伝声》《等韻切韻指南

第2節 《五方元音》之類的等韻図

五方元音》《〓弊広増分韻五方元音》《等音》《声位》《大蔵字母九音等韻》《三教経書文字根本》《字母切韻要法》《韻統図説》《黄鐘通韻》《本韻一得》《同文韻統》《等韻簡明指掌図》《等韻学》《韻籟》

第10章 表現方言等韻図

第1節 表現北方音的等韻図

《重訂司馬温公等韻図経》《西儒耳目資》《七音譜》

第2節 表現南方音的等韻図

等韻便読》《五声反切正韻》《射声小譜》《戚林八音》《淮音妙語》《拍掌知音》《〓掌知音》《雅俗通十五音》《潮声十五音

第11章 具有総合性質的等韻図

第1節 顕示語音骨架的等韻図

《泰律篇》《拙庵韻悟》《類音》《同文形声故》《等韻精要》《音韻逢源》《等韻一得》

第2節 調和新旧音的等韻図

音韻日月燈》《切韻正音経緯図》《等子述》《音切譜》《切音捷訣》《幼学音便読》

第3節 兼表南北方音的等韻図

《李氏音鑑》《横切五声図》《双声迭韻一貫図》《古今中外音韻通例》《張氏音括》《劉氏切韻指掌》



書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。