杉本つとむ『近代日本語の成立』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

杉本つとむ『近代日本語の成立』

杉本つとむ

近代日本語の成立コトバと生活』 桜楓社 

bk1

昭和35.1.1

第1章 東から西へ

 一 新しい時代のおとずれ

  コノ頃都ニハヤルモノ

  民衆の動き

 二 京と鎌倉と

  都の人々

  坂東声

  東国語

  漢語と新文体

 三 争乱から平和へ

  下剋上

  都市文化

  僧と学問

  武士と文筆

  武者詞

  女房詞

  中央と地方

  発音の琴

  文字のこと

  ひらがなカタカナ

  南蛮人

  渡来

  南蛮語

第二章 庶民語の成立

 一 新しい時代

  信長の入京

  庶民と教養

  出版文化

  尾張コトバ

 二 都のコトバ

  かたこと

  前期上方語

  西鶴コトバ

  近松コトバ

  かなと漢字

 三 女のコトバ

  女中詞

  女性と文筆

 四 女のコトバ

  お屋敷のコトバ

  遊女のコトバ

  新しい女コトバ

 五 ヨーロッパ人と日本語

  蘭人と日本語

  世界と日本語

  蘭学国字

  蘭語と翻訳

第三章 西から東へ

 一 江戸関東方言

  江戸の誕生

  初期江戸詞

  奴コトバ

  江戸府内のコトバ

 二 江戸語成立

  世界一の都市

  江戸語の形成

  江戸語成立

  江戸語の実態

  発音のこと

  語法のこと

  人倫の呼称

 三 江戸語-この複雑なるもの

  江戸語の性格

  江戸語京阪語

  江戸語上方語々彙

  江戸語地方語

第四章 近代日本語の成立

 一 近代語の成立

  明治維新

  東京の誕生

  江戸語から東京語

  東京語の形成

  東京語成立

  口語文の発達

  口語文成立

  言文一致体

  国語国字問題

むすび

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。