杉本つとむ『近代日本語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

杉本つとむ『近代日本語』

杉本つとむ近代日本語-歴史的所産としての言語

紀伊国屋新書A-26 1966.2.28発行

bk1

(新裝版 bk1

第1章 近代語の源流

  古代と近代との間

  都と東と地方

  ことばと道理の感覚

  生活をおしすすめる標識

  創作された漢字

  外国人の日本語発見

  戦乱と宮廷と女性

  日本語のエスプリ

第二章 庶民語の展開

  中世から近世

  都のことばの諸相

  出版文化と教養

  マスコミと批判精神

  新しい発想・真実の記録

  女性語の世界

  関東方言江戸語

  流行語の諸相

  ヨーロッパ語の発見

  国語への愛と認識

第三章 近代語の成立

  維新前後

  江戸語から東京語

  国語意識国語教育

  近代文学の発想

  近代社会とことば

主要参考文献

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。