杉本つとむ『東京語の歴史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

杉本つとむ『東京語の歴史』

杉本つとむ

東京語の 歴史』中公新書865

 昭和63年1月25日発行

ISBN:4121008650

まえがき

 夏目漱石吾輩は猫である』/芥川龍之介鼠小僧次郎吉』

序章 日本語のなかの東京語

日本語、東と西

歴史上の関東地方

第1章 古代日本語東国方言

 一、古代東国人とその言語生活

  古代の東京語とその舞台

  『万葉集』と東国方言

 二、古代の東京語とその実態

  東国方言と都のことば

  紫式部東国語

第二章 古代語から近代語

 一、田舎ことばと学僧

  仙覚日蓮東国語

  あずま人とあずま訛り

 二、変革期の都と東国

  此比都にはやるもの

  公家関東と夷詞

 三、関東方言とその世界

  坂東語禅林の講義

  吉利支丹坂東声

第三章 関東方言江戸詞

 一、城下町江戸の建設

  ドン・ロドリゴ江戸見聞

  江戸の開拓とその構図

 二、江戸構造と特色

  江戸、常住の旅宿

  江戸の住民とその構成

 三、初期、江戸言語生活

  あずま詞と江戸訛

  江戸語とその重層性

第四章 江戸八百八町江戸語成立

 一、江戸っ子江戸詞

  江戸っ子の意気と啖呵

  江戸詞とその周辺

 二、江戸談義と江戸詞

  江戸、男の詞は世界第一

  源内ことば江戸

 三、江戸語の諸相と実態

  江戸詞江戸語

  日本語のなかの江戸語

  豊かな江戸語の宝庫

第五章 江戸語とその言語文化

 一、幕末江戸市民と江戸語

  江戸庶民言語生活

  江戸弁上方弁全国共通語

 二、鎖国のなかの女のことば

  武家屋敷とことばの伝統

  話し方の作法と美学

 三、遊里詞とことば遊び

  遊女と教養とアリンス詞

  幼児語童謡の世界

  ことば遊びの世界

第六章 近代日本と東京語の世界

 一、首府東京と二つの東京語

  江戸から東京へ

  江戸語東京方言

 二、東京人とその言語生活

  新しい時代と東京語

  東京語待遇表現

終章 江戸語の伝統と東京語標準語

 東京方言標準語の建設

 東京の発展と昭和東京語

方言分布 命令表現打消表現断定表現

語法から見た東西方言境界線

3カオの分布

4「おそろしい」の方言境界線

5「関東」とその区画の変遷

江戸方形之図

江戸ことばの重層性

江戸語から東京語

東京都行政区画の発展

10下町山の手ことばのバランス

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。