本田和子『女学生の系譜』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

本田和子『女学生の系譜』

本田和子女学生の系譜 彩色される明治青土社

一九九〇年七月一〇日第一刷発行

ISBN:4791750853

目次

I 「女学生」の誕生

 装飾される都市

 時代のヒロイン

開化の記号 女学生のイコノロジー

II 髷からの解放

 丸う結ぶや束髪《たばねがみ》

 断髪-近代の視覚化

 女たちのディスクール

 風俗と思想

花開く明治、登場する女学生 女学生のイコノロジー

III 風のいたずら

 翻る娘たち

 カーテン製舞踏服

 海老茶式部の登場

 女学生-挑発する「性」の象徴

時代のヒロイン 女学生のイコノロジー

IV 宙に揺れることば

 囲いの中のジャルゴン

 「書生ことば」の近代

 虚妄としての平等

 江戸からの贈りもの

 宙吊りされることばたち

V 恋《ラブ》と脳病

 ヒステリーの登場

 脳と心の病い

 分裂の発見

 ラブすること

 「恋《ラブ》」と「愛《ラブ》」──その虚妄性

少女幻想 女学生のイコノロジー

VI 「少女」への凝集

 置き去りにされる娘たち

 少女幻想共同体

 「女学」の雑誌から「少女」の雑誌

 メディエーターとしての若松賤子

 少女小説のはじまり

明治の終焉 女学生のイコノロジー

VII 『森』近代型女人の神話と時代

 内なる「明治

 にんじんとあんパンと鉱毒事件

 「女学生」という不器量

 猶予期間の出現

 プラトニックラブ  囲い地の中の神話

 明治の終焉

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。