木枝増一『仮名遣研究史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

木枝増一『仮名遣研究史』

木枝増一

賛精社

昭和八年

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/kiedakana.pdf

第一章 序說/1

第二章 定家假名遣/10

第三章 定家假名遣の傳流/36

第四章 契沖歴史的假名遣/150

第五章 歴史的假名遣の傳流/177

第六章 異流假名遣/208

第七章 明治大正時代假名遣硏究/241

第八章 明治大正昭和時代假名遣問題/254

附錄 假名遣の歴史的硏究資料目錄/361-385

索引

索引 五十音順

【ア之部】

赤堀又次郎

秋成

秋成假名遣

秋成假名遣

アクセント

淺田徳則

朝田弓弦

足代弘訓

當字ノ廢棄ト外國語ノ寫シ方

あひをひ

あめつちの歌四十八首

あめつちの詞

荒木田盛徴

有島猛

有栖川宮威仁親王殿下

青木鷺水

安藤爲章

安藤正次

【イ之部】

伊澤修二

石川雅望

石黒魯平

石塚龍麿

石津亮澄

石井柏亭

一字一音組織

伊知地彦次郎

一條禪閤

市岡猛彦

一歩

一歩抄

いつらのおん

伊藤欽亮

稻葉正倚

岩橋小彌太

巌谷季雄

今泉定介

今川了俊

今井似閑

異流假名遣

いろは歌

いろはくわい

いろは四十七字

以呂波

以呂波假名遣大概

いろはぶんくわい

音符

【ウ之部】

宇津保物語

上田秋成

上田秋成全集

上野陽一

上田萬年

宇萬伎

【エ之部】

益軒全集

悦目抄

江原素六

延喜式

【オ之部】

大蔵禮常

大槻文彦

大町芳衞

大矢透

音義説

音義

音義本末考

音訓國字格

香圖及手習詞歌

音圖略説

音圖大全

音便

音韻相通

音韻分布圖

【力之部】

開合

改正増補/和字便覽

改定假名遣要義

改定假名遣賛成論

改定假名遣の實質

改定假名遣の必要

改定假名遣批評

改定假名遣反對論

改定假名遣批判論

耕雲

耕雲散人

行成卿

高祖武規

高等教育會議

向陽子

呵刈葭

加々勢篤好

かきかたかいりようぶ

覺彦

雅言假字格

雅言假名格拾遺

片岡泰淳

片岡眞鐵

勝浦柄雄

揖取魚彦

加藤宇萬伎

加藤弘之

假名一新

假名沿革

假名沿革餘材

假名決議

金澤庄三郎

假字拾要

假名字例

假名大意抄

假奈津可飛

かなつかひ/伊於惠愚艸

假名遣一歩抄

假名遣奥山路

假名遣及假名字體沿革史料

假名遣及假名字體沿革史料の第二編

假名遣改定案

假名遣改定案(臨時國語調査會)

假名遣改定案改定の主旨

假名遣改定案抗議

假名遣改定案整理の方針および適用の範圍

假名遣改定案と議會の質問

假名遣改定案と國定教科書

假名遣改定案に關する修正

假名遣改定案に關する修正意見

假名遣改定案に對する世論調査報告

假名遣改定の要義

假名遣改定問題

假名遣改定案の修正案

假名遣改定論議要略第一集

かなづかひ教科書

假名遣研究史

假名遣相傳抄

假名遣相傳の事

假名遣撮要

假名遣拾芥抄

假名遣辭典

假名遣大意

假名遣大概

假名遣近道

かなつかひ近道

假名遣近道

假名遣近道の事

假名仕近道之事

假名遣轉考

假名遣の歌

假名遣の三要

假名遣の歴史

かなつかひ早引【音の部・の部】

假名遣祕解

假名遣別傳歌

假名遣辨蒙抄

假名遣問答抄

假名遣例書

かなのくわい

かなのしをり

かなのとも

假字比例

假名本義考

假名文字遣

假名文字使蜆縮涼鼓集

假名文字遣奧書

假字問答

河内前司親行

河津啓太郎

貝原篤信

貝原益軒

鎌田英吉

賀茂季鷹

加茂眞淵

烏丸資慶

烏丸光廣

漢語整理

漢字整理案

【キ之部】

菊地壽人

菊地大麓

城戸幡太郎

木下杢太郎

疑問假名遣

疑問假名遣

行阿

行阿假名遣

行阿假名遣撰述の標準

行阿假名文字遣

行阿假名遣

行阿假名文字遣

京極黄門之假名遣

況齋叢書

行能假名遣

行能卿家傳假名遣

清輔朝臣

【ク之部】

空海

草鹿砥宣隆

口遊

久保田譲

海月のほね

黒澤翁滿

外國語表記法

皇朝假字音訓用格清濁】便覽

皇朝假字三體一覽

皇朝眞假名音訓清濁唱一覽

花山院長親

願經四分律古點

冠辭考讃貂

群書一覽

【ケ之部】

契沖

契沖全集

契沖假名遣に對する態度

契沖歴史的假名遣

教育會議

教育調査委員會

堯印法印

教科書調査會

下官集

下官集奥書

蜆縮涼皷集

源中最祕抄

源注拾遺

顯昭

顯註密勘

【コ之部】

梧陰存稿

口語法

語學叢書

國語學書目解題

國語假名遣改定案

國語假名遣研究史上の一發見

國語

國語政策の根本問題

國語調査委員會

國語調査委員會の廢止

國語表記に關する通則

國語本義

國語擁護會

古言衣延辨

古言かなつかひ

古言梯

古言梯提要

古言梯拾遺

古言梯補遺

古言梯餘稿

古言梯韻鏡照對

古語拾遺

古今假字つかひ

古今假字用例

古言別音鈔

國字音格

國字

國字國語改良論説年表

國字定源

國定教科書編纂

國文學全史平安朝

五十音圖

語勢的假名遣

後藤牧太

言靈指南

霄爨説

ことたまますかゞみ

小西信八

近衞家熈公

近鵆關白信尹公

後普光園院御抄

小牧昌業

小松謙次郎

小松原英太郎

五類

近藤眞琴

言塵集

渾沌齋松月

【サ之部】

再治/和字大觀抄

佐久間鼎

佐々木信綱

佐々井祐清

佐藤春夫

佐野保太郎

澤柳政太郎

三光院

三條西實隆

殘夢

三藐院關白臨定家卿

三藐院本

【シ之部】

字音假字用絡

字音假名遣改定案

字音假字用格提要

字音表記に關する通則

似閑

敷田年治

貳過集

四聲

四聲主義

四聲

字體整理

しちすつ/假名文字使蜆縮凉鼓集

しちすつ/假名文字使/蜆縮凉鼓集

悉曇

耳底記

芝田徹心

袖中抄

拾遺愚草

鹽井雨江

島崎藤村

島田三郎

清水卯三郎

清水濱臣

聖覺

正誤假名遣

尚古假字

成實論天長點

上代に於ける特殊假名遣本質

上代文献に存する特殊の假名遣と當時の語法

上代文字遣解説

上代文字遣

正徹

常用漢字表

正濫鈔

文雄

シユライヘル

俊成

俊頼口傳

掌中假字便覽

稱名野釋

初心假名遣

如得老人

白鳥庫吉

詞林

詞林三知抄

新舊假名遣對照語彙

新舊假名遣對照衷(字音)

新舊假名遣對照表(國語)

神珙

新増假名遣

信昌

新撰字鏡

神保格

信明集

【ス之部】

杉敏介

資慶口授

水原鈔

【セ之部】

正俗二體/初心かなつかひ

清園叟

逍遙

逍遙假名遣

逍遙院の假名遣

小學校令施行規則

小學校令の改正

紹巴

關根正直

席話抄

世尊寺行能卿

雪中吏登

仙覺

仙源抄

千歳抄

契沖

【ソ之部】

曾我祐準

増補古言梯

増補古言梯標注

増補/正誤假字遣

増補標注古言梯

第二號表

【タ之部】

對類音便字音濁音/假字便覧

隆量卿假名遣

高崎正風

高尚

高橋殘夢

高橋龍雄

高橋義雄

高井蘭山

濁語考

武田祐吉

竹友藻風

橘成員

橘千蔭

橘保春

太津可豆衞

手束杖

田中延香

平常縁

たひらのとよ武

春海

靈の宿

王の小琴

田安宗武

大爲爾の歌

丹抄かなつかひ

【チ之部】

親行

地藏十論經元慶點

持明院家傳書

持明院家傳書第三

持明院假名遣

持明院基輔

長音符

長慶天皇

珍範

【ツ之部】

通妨抄

通例全書

辻敬之

九折假名遣

綴字改艮運動

土田杏村

坪内雄藏

鶴峯戊申

徒然草の野槌

【テ之部】

定家

定家假名遣

定家假名遣撰述の標準

定家假名遣傳本

定家假名遣著者

定家假名遣の傳流

定家卿

定家行阿假名遣

定家卿假名遣少々

定家卿口傳

定家かなつかひ

帝國教育

徹山

手爾葉違

寺田長興

【卜之部】

東言京言

動詞形容詞語尾變化假名遣

徳富猪一郎

豐田八十代

【ナ之部】

中上川彦次郎

那珂通世

魚彦

直方

成員

成員の弟保春

成俊

難語本義考

【ニ之部】

西三條實條

西徳次郎

西村逶里

人丸

人丸祕抄

丹羽雄九郎

日本歌學

日本古典全集

日本文學論纂

【ノ之部】

能書假名遣

宣長

【ハ之部】

背面先生

芳賀矢一

萩野由之

橋本稻彦

橋本進吉

波多野承五郎

服部闇笑

林鵞峰

林甕臣

林道春

林春信

春海

半濁

反紐圖席

伴直方

【ヒ之部】

東久世通禧

久松潜一

肥田濱五郎

人丸祕抄

簸川上

日野資綱

平田篤胤

【フ之部】

福羽美靜

扶桑切韻

冨士谷成章

富士谷御杖

再び文部省假名遣案を論ず

再び文部省假名遣改定案に抗議す

藤の舍千尋

藤原資重

藤原親忠

藤原長親

藤原の定家卿

藤原昌敷

藤原基輔

藤原墓俊

藤原良基

藤村作

藤井高尚

藤岡繼平

藤岡好古

佛足石歌

文章かなつかひ

【ホ之部】

棒引假名遣

保科孝一

細川幽齋

牡丹花省柏

穗積以貫

堀秀成

【マ之部】

牧野伸顯

眞木の嬬手

槇山榮次

正宗白鳥

松平正直

松村茂助

松本金壽

松山常次郎

松尾捨次郎

眞淵

丸山作樂

丸山正彦

萬葉假名遣

萬葉集書志

萬葉集代匠記

萬葉集代匠記總釋

【ミ之部】

三浦周行

三上參次

通勝

水溪居秀

光行

源岩垣

源順

源順集

源爲憲

源親行

源知行

源躬弦

源義行

美濃部達吉

明魏

名義考

明魏法師

三宅雄次郎

三宅米吉

岷江人楚

【ム之部】

夢老

村田春海

武藏野女子學院國語國文學部

【メ之部】

明月記

明治大正時代假名遣研究

明治大正昭和時代假名遣問題

【モ之部】

文字つかひ

望月世教

物集高見

基輔

元輔集

基俊

もとのとも

本山彦一

本居清造

本居豐穎

本居宣長

ものわりのはしご

森鴎外

森林太郎

文選

文部省提出文法許容假名遣改定案に就きて

文部省假名遣案に反對す

文部省の假名遣改定案を論ず

【ヤ之部】

八雲御抄

保孝

矢野文雄

山川健次郎

山口千萬太郎

山崎遠里

山田孝雄

山田常典

出田又男

山路の栞

山本明

【ユ之部】

遊仙窟

湯澤幸吉郎

湯本武比古

【ヨ之部】

横井時雄

與謝野晶子

與謝野寛

與謝野鐵幹

吉澤博士

吉澤義則

吉田熊次

吉原電俊

豫樂院笹文字

豫樂院本

【リ之部】

臨時假名遣調査委員會

臨時假名遣調査委員會官制

臨時國語調査會の設置

略字

【ル之部】

類語假字

類字假名遣

類聚國史

【レ之部】

靈語通

靈語通貶鍼

靈語通

歴史的假名遣

歴史的假名遣の傳流

歴史的假名遣擁護論についての批評

歴史的假名遣を擁護する人々の主張

【ワ之部】

若桂

和歌史の研究

和字解

倭字古今通例全書

和字正濫

和字正濫要略

和字正濫鈔

和字正濫通妨抄

和字大觀鈔

倭字通例書

和宇便覽

鷲尾殿隆量卿假名遣

渡邊董之介

渡邊治

倭名鈔

倭名類聚抄

【ヰ之部】

井上毅

井上哲次郎

井上信好

井上文雄

【ヱ之部】

遠藤嘉基

【ヲ之部】

岡澤鉦治

岡田艮平

岡野敬次郎

小川平吉

岡部長職

岡本保孝

岡本保可

越智直躬(魚臣)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。