服部四郎『日本語の系統』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

服部四郎『日本語の系統』

服部四郎日本語の系統岩波書店

目次

 はしがき

日本語の系統(1)――研究の方法――

 1 言語の親族関係とは何か

 2 親族関係の証拠

 3 日本語と他の諸言語との比較研究

日本語琉球語朝鮮語アルタイ語との親族関係

 1 いとぐち

 2 琉球語との関係

 3 朝鮮語との関係

   ウラルアルタイ語族その他との関係

 5 比較研究方法の根本問題と今後の我々の課題

安田徳太郎博士の著書の批評

 1 『人間の歴史

 2 『万葉集の謎』『天孫族』

日本語の系統(2)――日本祖語の年代――

アイヌ語の研究について

琉球の言語民族の起源

琉球語および琉歌について

日本語の系統(3)――音韻法則語彙統計学的"水深測量"――

 1 序論

 2 「言語系統」とは何か

 3 単語の音と意味との関係

 4 「音韻法則

 5 最近の二三の研究について

 6「言語年代学」について

 7 日本語の系統成立を研究するためのその四周の"水深測量"

 8 結語

 附記

日本語の起源」論争について

言語年代学について

アルタイ諸言語構造

奄美群島の諸方言について――沖縄・先島方言との比較――


    附録

琉球語」と「国語」との音韻法則

 いとぐち

 1 琉球語との比較の対象となるべき言語

 2 音韻の比較研究は如何に厳密に行っても厳密過ぎることはない

 3 琉球語動詞

 4 琉球語形容詞

琉球語管見

タタール語の述語人称語尾アクセント

アルタイ語の反照動詞語幹形成接尾辞-n-

アルタイ祖語動詞語幹に接尾した*-ki(~*gi)

上古日本語の第一人称代名詞a

ふるさとのことば

論文執筆・発表の年月日と発表雑誌等の名

あとがき

索引

文庫版、附録はなし

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。