有坂秀世『国語音韻史の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

有坂秀世『国語音韻史の研究』

有坂秀世

国語音韻史の研究

國語にあらはれる一種の母音交替について*

母音交替の法則について

カムカゼ(神風)のムについて

「母音調和」の概念について

古事記に於けるモの假名用法について*

古代日本語に於ける音節結合の法則

ゾの萬葉假名について

萬葉假名雑考

新撰字鏡に於けるコの假名用法

上代に於けるサ行の頭音

奈良時代東國方言のチ・ツについて

諷經の唐音に反映した鎌倉時代の音韻状態*

江戸時代中頃に於けるハの頭音について*

唐音を辨ずる詞と韻目を諳誦する詞

「帽子」等の假名遣について

隋代の支那方言*

漢字朝鮮音について

カールグレン氏の拗音説を評す

唇牙喉音四等に於ける合口性の弱化傾向について

先秦音の研究と拗音的要素の問題

メイ(明)ネイ(寧)の類は果して漢音ならざるか

山東系の一方音について

音韻制度の本質について

アクセントの型本質について

古音推定の資料としての音相通例の價値

下二段活用補助動詞「たまふ」の源流について(正・再考)

祝詞宣命訓義に關する考證

「金有等麻宇之多麻敝禮」について

「申し賜へと申さく」について

不可能を意味する「知らず」について

動詞「みる」(廻・轉)について

「やうやう」の原形について

古言雑考

後記

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/arisaka/on-insi/

以下、増補版

万葉仮名雑考

唐音に反映したチ・ツの音価*

書史会要の「いろは」の音註について*

悉曇蔵所伝の四声について

入声韻尾消失の過程*

正倉院御蔵旧抄本蒙求の漢音

「わする」の古活用について

シル(知)の考

万葉集訓義雑考

語根」の概念について

古辞書「和名集」について

(書評)菊沢季生氏著「国語音韻論

(書評)S.Yoshitake:The Phonetic System of Ancient Japanese.

ASIN:B000J99ZSU

ASIN:B000JAYM3M

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。