有坂秀世「カールグレン氏の拗音説を評す」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

有坂秀世「カールグレン氏の拗音説を評す」

有坂秀世

『音声学協会会報』49,51,53,58 1937-1939


国語音韻史の研究』所収

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/arisaka/on-insi/18.pdf

日本の言語学』7所収

 本稿は、もと昭和十二年以來音聲學協會會報に連載されたものに、今回多少の訂正を加へたのである。その第一回は同會報第四十九號(十二年十一月)に、第二回は第五十一號(十三年三月)に、第三回は第五十三號(十三年七月)に、掲載された。然るに、印刷費が非常に嵩む由を、その頃編輯の方から承つて恐縮致し、その後暫くは續稿の發表を差控へてゐたのであるが、未完のままではふつておくわけにも行かないので、結末を極めて簡單に纒めて、翌十四年七月の第五十八號に載せていただいたのである。かやうなわけで、第四回だけが不釣合に簡略になつてゐる。今回多少手を加へては見たものの、病気の事とて力に限りが有り、結局大した事は出来なかつた。幸に、昭和十四年九月「言語研究」第三號に出た河野六郎氏の「朝鮮漢字音の一特質」は、此の方面の新進専門家の業績であるだけに、卓見少からず、私の研究發表とは繁簡相補ふやうな點もある。拗音問題に關しては、なほ陸志韋氏の「證廣韻五十一聲類」(燕京學報第二十五期)及び「三四等與所謂喩化」(同第二十六期)等も有益な論文である。

http://www62.atwiki.jp/kotozora/pages/7.html



武田元子「有坂秀世「カールグレン氏の拗音説を評す」四本校合表」

月刊言語』13-3(1984)

pp.116-122



書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。