早田輝洋『音調のタイポロジー』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

早田輝洋『音調のタイポロジー』

早田輝洋著『音調の タイポロジー』


第1章 音調とは何か

第2章 音調の類型と比較

第3章 アクセントの基底表示と担い手

第4章 アクセントイントネーション

1999年2月発行 大修館書店

第1章 音調とは何か               3

 はじめに                          4

  1 「音節」と「モーラ」4

  2 「アクセント」と「トーン(声調)」 8

  3 「ピッチアクセント」と「ストレスアクセント」 11

  4 「数える単位」と「担う単位」 12

  5 「イントネーション」 1`


第2章 音調の類型と比較             17

 1節 東アジアにおける九州方言             18

  1 九州の中の世界世界の中の九州 18

  2 方言とは何か 19

  3 言語方言の比較対照 19

  4 なぜアクセントか 21

  5 アクセントの特徴 22

  6 位置のアクセントと種類のアクセントが共存する方言 26

  7 ストレスアクセントとピッチアクセント 26

  8 日本における九州方言の位置 28

  9 世界における九州方言の位置 31

  10 言語方言の類似性の原因 33

 2節 日本語日本語周辺諸言語音調システム      35

   ──特に複合名詞におけるアクセント声調について

  1 複合語アクセントと変調 3G

  2 日本語 36

  3 朝鮮語 晋州方言(慶尚南道)41

  4 漢語 43

  5 アルタイ諸語 51

  6 中国大陸の漢語アルタイ諸語以外の言語 51

  7 複合語における狭義のアクセント,SG

  ──朝鮮語アクセント方言

  8 まとめ 63

 3節 語声調方言                    70

   一佐柳島真鍋島アクセント

  1 佐柳島アクセント体系 71

  2 真鍋島アクセント体系 乃

  3 語声調言語アクセントの位置 76

 4節 朝鮮語晋州方言のアクセント体系          79

  1 晋州方言のアクセント型 79

  2 名詞のピッチ型 81

  3 四つの声調を持つ語声調方言 84

 5節 朝鮮語慶尚道方言長母音について         86

  1 序論 86       . 

  2 2種類の長母音 89

  3 結論 96

 6節 朝鮮語方言アクセントの系譜再構の試み      100

  1 資料 100

  2 各方言アクセント音韻論的解釈 102

  3 系譜の再構 111

 7節 朝鮮語アクセント:共時的及び通時的研究      127

  1 朝鮮語アクセントに対するこれまでの解釈 128

  2 金海方言 231

  3 中期朝鮮語 142

  4 昌原・大邱・霊山・ソウル方言 158

  5 歴史的変化'163


第3章 アクセントの基底表示と担い手       171

 1節 書評 金田一春彦『国語アクセントの史的研究 ………172

    一原理と方法』

  1 日本語トーン言語か 173

  2 拍と音節について 177

 2節 アクセント解釈をめぐって            179

    ──金田一春彦氏へのお答えの一端として

  1 平安時代日本語 179

  2 現代日本語 180

  3 朝鮮語 180

  4 拍と音節 184

 3節 アクセント分布に見る日本語の古層         187

  1 方言が持つアクセントの特徴 187

  2 数える単位 188

  3 アクセントの担い手 190

  4 アクセントの「位置」かr種類」か 192

 4節 東京方言におけるアクセントの担い手と複合の熟合度…197

  1 音節アクセントを担デ197

  2 モーラアクセントを担う 200

  3 辞書内(1語)と辞書外(2語)・201

  4 単語連続と複合語 203

  5 まとめ 206

 5節 アクセントについての若干の覚書き        208

  1 古典ラテン語モーラ言語的単位であるか否か 209

  2 関西方言等における厂テー」《手》のような形は2モーラ… 211

  3 東京方言アクセントの担い手はモーラが中心か音節… 212

  4 東京方言において「ゲンジモノガタリ」《源氏物語》は複合語… 21;

  5 現代朝鮮語晋州方言のアクセント体系は、単語声調… 216

  6 金次均氏の挙げる朝鮮語昌原方言のA+B型の単語の連続… 218

 6節 アクセントの単位一特にその担い手について      222

  1 アクセントの単位とは何か 222

  2 佐柳島,真鍋島アクセント 22S

  3 伊吹島方言 231


第4章アクセントイントネーション     25S

 1節 「アクセント」早わかり             256

  1 アクセントとは何か 25C

  2 ピッチとストレスの違い 2S5

  3 声調(トーン)とアクセントの違い 260

  4 アクセントの分類 263

 2節 東京アクセントのピッチ曲線・ 一     ・、,  26S

  l はじめに 265

  2 「平板型」と「起伏型」 266

  3 語頭の「低」268    . .  

  4 言語的情報とピッチ曲線との関係 273

 3節 単語アクセントと文のアクセント      . 276

  1 英語ドイツ語アクセント 276

  2 日本語アクセント 281

  3 文音調 287

  4 強勢 297

  5 構造の瞹昧性など 303

 4節 文における声の高さの型について          310

  1 序 310

  2 周期前適用規則 314

  3 周期適用規則 316

  4 周期後適用規則 32;

  5 「低いはじまり」について 326

  6 まとめ一構文構造と音形構造 329

 5節 東京方言文末アクセントイントネーション ……335

  1 アクセントイントネーション 339

  2 アクセント 336

  3 イントネーション 338

  4 最後に 340

  5 文末における形態素の組合わせの例 340


あとがき                      343

初出一覧    ・  ・               34S

索引                           347

初出一覧

〈第1章〉

〈書下ろし)

〈第2章〉

東アジアにおける九州方言」『九州大学公開講座23九州のなかの世界九州大学出版会〈1991

日本語日本語周辺諸言語音調システム──特に複合名詞におけるアクセント声調について──」『音声の研究』第23集〈1994

「語声調方言──佐柳島真鍋島アクセント──」『文学研究』第75輯29-38<1978>

朝鮮語晋州方言のアクセント体系」(The Accentual System of the Jinju

 Dialect of Korean), Studies in Literature No.4/Bulletin of the Faculty of Literature/Kyushu University, No.15.〈1978

朝鮮語慶尚道方言長母音について」(On Long Vowels in the Kyeongsang

 Dialects of Korean), 『言語研究』69〈1976

朝鮮語方言アクセントの系譜再構の試み」(An Attempt at a Family Tree

 for Accent in some Korean Dialects),『文学研究』73〈1976

朝鮮語アクセント:共時的及び通時的研究」(Accent in Korean:Synchronic and Diachronic Studies), 『言語研究』66〈1974

〈第3章〉               

「(書評)金田一春彦『国語アクセントの史的研究一原理と方法』」『月刊言語昭和49年10月号〈1974

アクセント解釈をめぐって一金田一春彦氏へのお答えの一端として」『月刊言語昭和50年1月号〈1975

アクセント分布に見る日本語の古層」『月刊言語』別冊「総合特集一日本語の古層」昭和62年16巻7号〈1987

東京方言におけるアクセントの担い手と複合の熟合度」『日本語イントネーションの実態と分析』日本語音声の韻律的特徴に関する言語学的理論の研究 平成3年度研究成果報告書1992

アクセントについての若干の覚書き」『九大言語学研究室報告』第14号〈1993

アクセントの単位──特にその担い手について」『文学研究』第83輯〈1986

〈第4章〉

「「アクセント」早わかり」『月刊言語昭和63年3月号〈1988

東京アクセントのピッチ曲線」『文研月報』20巻8号〈1970

単語アクセントと文のアクセント」『文研月報』19巻5号〈1969

「文における声の高さの型について」『現代言語学』服部四郎先生定年退官記念論文編集委員会編,三省堂1972

東京方言文末アクセントイントネーション」(原題「日本語東京方言文末アクセントイントネーション」)『日本語音声・研究報告』2〈1990>

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。