早田輝洋「日本語の音韻とリズム」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

早田輝洋「日本語の音韻とリズム」

早田輝洋

『伝統と現代』45特集〈ことばを考える〉1977.5

日本語音韻の特色

モーラ音節

アクセント声調トーン

 参照文献

Halle, Morris(1970), "What Is Meter in Poetry ?" 『言語の科学』第二号、一二四-二二五頁。

ヒューバー、トーマス E・(一九七三)、「字余り歌から見た日本の音」『ユリイカ』第五巻第三号、一五〇-一五三頁。

井上史雄(一九六八)、「東北方言の子音体系」『言語研究』第五二号、八○-九八頁。

ヤーコブソン、ロマーン(一九七六)、「幼児言語失語症および一般音法則」『失語症と言語学』服部四郎編・監訳、東京、五〇頁。

上野善道(一九七六)、「奈良田のアクセント素の所属語彙弘前大学人文学部『文経論叢』一一巻三号、五頁。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。