早田輝洋「日本語と表音文字」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

早田輝洋「日本語と表音文字」

早田輝洋(1977)

日本語表音文字」『現代作文講座6文字表記明治書院

  一 表意文字と表音文字

  二 文字表記とはどういうものか

  三 ローマ字による試み

  四 仮名による試み

    ――おわりに

  参考文献

Chomsky, Noam and Morris Halle, 1968. The Sound Pattern of English, Harper & Row, New York.

Halle, Morris, 1959. The Sound Pattern of Russiarn. Mouton, The Hacjue.

早田輝洋一九七五。「放送での発音アクセント『放送用語論』日本放送出版協会(一五三-一九九ぺージ)。

黒田成幸一九六六。「促音及び撥音について」『言語研究』第五十号(八五-九九ページ)。

McCawley, James D., 1968. The Phonological Component of a Grammar of Japanese, Mouton, The Hague.

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。