早津恵美子『現代日本語の使役文』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

早津恵美子『現代日本語の使役文』

早津恵美子

http://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/ISBN978-4-89476-810-9.htm

I 序論

第1章 本書の課題および立場と方法


II 使役文の構造

第2章 使役文の意味分類の観点について 山田孝雄1908)の再評価

第3章 意志動作の引きおこしを表す使役文の文法的な意味 「つかいだて」と「みちびき」

第4章 〈人ノN[部分・側面]ヲ Vi[無意志]-(サ)セル〉型の使役文 無意志動作の引きおこしを表す使役

第5章 〈人1ガN[(人1ノ)部分・側面]ヲ Vi-(サ)セル〉型の使役文 再帰構造使役

第6章 〈N[事物]ニN[事物]ヲVt-(サ)セル〉型の使役文 事物の変化の引きおこしを表す使役


Ⅲ 使役文のヴォイス

第7章 「ヴォイス」としての使役 主語が動きの主体か否か

第8章 使役文と原動文の似通い 動きの主体か引きおこし手かの違いの弱まり

第9章 使役文と受身文の似通い 動きの引きおこし手か被り手かの違いの弱まり


Ⅳ 「V-(サ)セル」の使役動詞性とその変容

第10章 「もたせる」における使役動詞性と他動詞

第11章 「知らせる」「聞かせる」における使役動詞性と他動詞

第12章 「V-(サ)セル」の語彙意味の一単位性

第13章 使役動詞条件形後置詞への近づき 使役主体の不特定性と使役文の性質

第14章 「感じさせる」「思わせる」の判断助辞への近づき 動作主体の不特定性と使役文の性質


Ⅴ 結論

第15章 使役文と使役動詞 ヴォイスとしての使役文と動詞としての「V-(サ)セル」

















書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。