日本語の歴史地理構造

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

日本語の歴史地理構造

加藤正信編(1997)

明治書院


 「新しい国語学」「日本語学」の多面性と主体性(加藤正信)

〈1.日本語の歴史

 中古における「ウチ+他動詞」の意味 源氏物語の場合(近藤明)

 古代日本語における動詞終止の文と表現意図 テンスアスペクト意味を考えるにあたって(大木一夫)

 平安和文における「ののしる」の意味構造(藤原浩史)

 平安時代和文における不可能表現位相について(漆谷広樹)

 古代の人数の表現について 「~ノヒト」の表現を中心に(室井努)

 中古中世における副詞ヤヲラ・ヤワラをめぐって(橋本博幸)

 今昔物語集における〈喜〉の意味構造 情意性述語の記述の試み(田中牧郎)

 「吾妻鏡Jにおける和製漢語(後藤英次)

 「梅津政景日記」の言語(佐藤稔)

 疑問詞疑問文における終助詞ゾの脱落 近世前・中期の狂言台本資料として(矢島正浩)

 十九世紀初頭江戸洒落本資料性 「きつい」「ゑらい」「いかい」等の語をみなから(増井典夫)

 化政期幕末江戸戯作における合拗音と規範意識(神戸和昭)

 早引節用集系統 B類諸本間非増字本文における(佐藤貴裕)

 「俗語解」小考 (村上雅孝)

 『和英語林集成』初版「和英」「英和」両部における語形のゆれ 連濁現象について(菊地悟)

 〈学ぶ人〉を表す語彙に関する史的考察(劉凡夫) 

 "適当"の意味用法について 「適当な答」は正解か不正解か(新野直哉)

 《気分》を意味する「そら」の用法 方言に生きる古語・続貂(小野正弘)


 〈2.日本語の地理〉

 コスラエ語(ミクロネシア)における日本語からの伝播語の音的特徴(真田信治)

 言語伝播領域の考(石井久雄)

 方言比喩語研究のために(半沢幹一)

 原因・理由を表す助詞の分布と歴史(ノート) 「方言文法全国地図」の解釈(彦坂佳宣)

 古代日本語動詞重複形(reduplication)二種の語法方言分布及びその言語類型地理論的問題(1)(安部清哉)

 動詞活用における一段化傾向の地理的分布(小林隆)

 活用の整合化 方言における形容詞の「無活用化」、形容動詞ダナ活用の交替などをめぐる問題(大西拓一郎)

 山梨県・伊豆地域の「片足飛び」の方言の歴史推定(永瀬治郎)

 庄内方言からみた「乞食」の分布と歴史(遠藤仁)

 類義語の地理的背景 「気づかれにくい方言」の一類型(三井はるみ)

 福島県内の新方言「ッチ」についての考察 分布および話者の属性・心理との関わり(半沢康)

 「沖縄対話」の明治東京語(金子弘)


 〈3.日本語の構造

 内容の受身(仁田義雄)

 規定語「せっかくの」の構文機能(小矢野哲夫)

 文研究に於ける喚体への視点(石神照雄)

 「ものだ」文の表現構造 「形式」「実質」峻別への疑問(揚妻祐樹)

 「語彙的なもの」と「文法的なもの」について(釘貫亨)

 辞書語義記述に見られる慣用句意味の取り扱いをめぐって 「足」「掛ける」を例として(丹保健一)

 語構造論的モデルと語形成論的モデル(斎藤倫明)

 Syntagmatic臨時一語化 文章における先行表現臨時一語化について(石井正彦)

 「禁止」文における待遇意識と表現形態の実相(浅田秀子)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。