日本語の一世紀

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

日本語の一世紀

国文学解釈と鑑賞』第64巻7号

 古田東朔「日本語の一世紀」6


音声表記 百年前の日本語の実態を現代と対照させて

 清水康行「二〇世紀の音声」10

 秋永一枝アクセント、百年前と現在と」

 土屋信一表記」19


文法語彙-若松賎子訳『小公子』のことばから

 中村哲也「若松賎子訳『小公子』のく語り〉と文体」23

 宮島達夫「百年まえの口語文小公子」の文章」32

 迫田健一郎・鈴木重幸若松賎子小公子』における動詞語形変化」39

 松本泰丈「『小公子』のテンスアスペクト形式」50

 かねこ・ひさかず「若松賎子訳「小公子」における可能表現おぼえがき」67

 河村静江「「小公子」における受身表現について」78

 岡部寛「「小公子」における格助詞「乗る」と共起する「に」と「へ」」88

 鈴木康之敬語の百年 若松賎子川端康成の.小公子』を検討材料として」94

 高木一彦若松賎子訳『小公子』のなかの見慣れない単語

 廣岡理栄「送り仮名の変化」

 松本泰丈若松賎子訳『小公子諸本異同から」

 エリク・ロング「「小公子」におけるアメリカ英語イギリス英語

 高橋太郎唱歌口語化」

 木越昌子「親族名称変遷「おとうさん」「おかあさん」を中心として」

 小俣岳・比嘉奈津子「近代文法変化研究目録

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。