日本文学研究資料叢書・平安朝物語

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

日本文学研究資料叢書・平安朝物語

宇津保物語

宇都保物語鎌倉以後の偽作か(松下大三郎) 1-8

宇津保物語成立とその構想(笹淵友一) 9-22

宇津保物語成立年代と作者(片寄正義) 23-38

宇津保物語の錯簡を論じて成立に及ぶー本文批評的一研究(中村忠行) 39-51

宇津保物語』の主題と構想(上坂信男) 52-60

宇津保物語構成成立過程(小西甚一) 61-94

宇津保物語の基本構想(竹原崇雄) 95-103

宇津保物語』の構想の発展-忠こその設定とその変貌(上坂信男) 104-117

うつほ物語作者攷-その生存年代と社会的環境について(中野幸一) 118-131

宇津保物語の構想と成立過程(武田宗俊) 132-144

宇津保物語の「絵詞」(笹淵友一) 145-168

宇津保物語に関する展観書目録(附解説)(中村忠行) 169-185

宇津保物語後半の構想について(石川徹)186-195

物語の方法-宇都保物語国譲の巻を中心に(片桐洋一) 196-207

宇津保物語における「時間」-長篇的方法の創始として(原田芳起) 208-221

物語作家と方法(野口元大) 222-232

物語の方法-主として色好みの扱いに関連して(片桐洋一) 233-242

宇津保物語表現享受者(小西甚一) 243-256

宇津保物語における表現の問題-「忠こそ」巻論(桑原博史) 257-268

物語の成長期(益田勝実) 269-296


解説(三谷邦明,鷲山茂雄) 297-313

宇津保物語研究参考文献 314-323


Ⅲ 

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。