日本の言語学

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

日本の言語学

大修館書店発行の言語学論文 選集。

言語本質機能

コミュニケーション

ニホンザルのコミュニケーション 伊谷純一郎

コミュニケーションの進化 伊谷純一郎

表現行動のモデル 林四郎


言語本質論〉

言語における社會慣習 神保格

言語音声は何を伝えるか 上村幸雄

言語観念の成立 神保格

心的過程としての言語本質観 時枝誠記

言語過程説について 服部四郎


言語研究法〉

メンタリズムメカニズムか 服部四郎

言語生活の二十四時間調査 柴田武

日本記述言語学 服部四郎


言語の場・敬語

敬語法の研究、總論 山田孝雄

場面敬語法との機能的關係について 時枝誠記

敬語の心理 三上章



言語と社会〉

こどもの言葉は移住によってどう変るか北村甫

アイヌ語における年長者層特殊語 服部四郎


文章文体

和歌俳句 波多野完治

新聞記事――文章心理學的研究 波多野完治

文章と性格――谷崎潤一郎氏と志賀直哉氏―― 波多野完治

詩形論 土居光知

文章の性格学」への基礎的研究――囚子分析法による現代作家の分類―― 安本美典

音韻交替意義分化の関係について――所謂清濁音対立を中心として―― 鈴木孝夫


文字表記

日本の文字について――文字表音性表意性――橋本進吉

表記体系の分析 樺島忠夫

句讀點の心理學 波多野完治


解説

 『言語本質機能』の巻の構成について 川本茂雄

 コミュニケーション 柴田武

 言語本質論 日下部文夫

 言語研究法 柴田武

 言語の場・敬語 日下部文夫

 言語と社会 服部四郎

 文章文体 川本茂雄

 文字表記 服部四郎


参考文献

索引

音韻

はしがき 柴田武

凡例

〈特質論〉

國語音聲上の特質 神保格 『國語と國文學』四卷四號 昭和二年


音声音韻

The Correspondence between the Vocal Cavity and the Characteristic Frequencies of the Vowels

Chiba Tsutomu Kajiyama Masato

The Vowel. Its Nature and Structure

母音鼻音化鼻音 服部四郎山本謙吾藤村靖 「小林理学研究所報告」六巻四号 昭和三十一年

日本語母音 服部四郎山本謙吾・小橋豊・藤村

Onin-taikei ni suite Niigataken no 1 hogen o rei to site Hattori Siro

音聲の認識について 有坂秀世

音韻論 服部四郎

Prosodeme, Syllable Structure and Laryngeal Phonemes Hattori Siro

音韻 柴田武

東京語音節構成 日下部文夫



アクセント

日本音調論 山田美妙

アクセントの型及び式 佐久間鼎

新しいアクセント觀とアクセント表記法 宮田幸一

日本語アクセントに關する私の見解 宮田幸一

音聲の研究第二輯を讀んで 佐久間鼎

私のアクセント觀に對する批評に答へて 宮田幸一

アクセントの型本質について 有坂秀世

音韻論から見た国語アクセント 服部四部

日本語アクセント体系 柴田武

柴田君の「日本語アクセント体系」を読んで 金田一春彦

アクセント論のために 金田一春彦氏に答える 柴田武

高さのアクセントアクセントにあらず 金田一春彦

音素」と「調素」と「アクセント素」 服部四郎

安南語の聲調の體系について 三根谷徹


イントネーションなど〉

イントネーションのつかまえ方 国立国語研究所

コトバ旋律 金田一春彦

プロミネンスについて 東京語の観察にもとづく覚え書 大石初太郎


解説

 特質論 金田一春彦

 音声音韻 北村甫

 アクセント 柴田武

 イントネーションなど 金田一春彦


参考文献

索引

文法I

文法II

意味語彙

はしがき                   川本茂雄

凡例


 〈意味の理論〉

意義のこと                  神保格

意味に関する一考察                服部四郎

意味の分析                 服部四郎

意味                  服部四郎

意義素論における諸問題            服部四郎

理解構造-巨視的意味論の試み1       樺島忠夫

語彙的な意味のあり方               奥田靖雄


意味体系

言語における意味体系構造           柴田武

日本語次元形容詞体系              國廣哲彌

日英温度形容詞意義素構造体系         國廣哲彌

日本語格助詞意義素試論              國廣哲彌

「やる・くれる・もらう」を述語とする文の構造について……宮地裕

意味変遷

「やう/\」から「やっと」へ   濱田敦

 語の意味の變化の一例として

助詞「へ」の成立               杉井鈴子


語彙構造用法

國語動詞の一分類                  金田一春彦

基本語彙に関する二三の研究             大野晋

  ー日本古典文学作品に於ける

異名隱語の研究を述べて特に齋宮忌詞を論ず      安藤正次

古代日本語に於ける色名の性格         佐竹昭廣

指のよび方について                 前田富祺

語彙体系としての親族名称              柴田武

  ートルコ語朝鮮語日本語-

日本人言語意識と行動様式            鈴木孝夫

  -人間関係の把握の様式を中心として

奄美方言人体語彙分類表              服部四郎

命名論〉

地名の話                 柳田國男

魚名の成立                  澁澤敬三

成長段階名                 澁澤敬三



解説

意味語彙』の巻の構成について          川本茂雄

意味の理論                     服部四郎

意味体系                 國廣哲彌

意味変遷                 國廣哲彌

語彙構造用法                  林大

命名論                  川本茂雄

参考文献

索引



方言

方言区画論

地方發音の攣化及其配布               大島正健

口語法分布圖概觀                國語調査委員會

語法上より見たる東西方言境界線について     牛山初男

日本の東部と西部と              大野晋

近畿アクセントと東方アクセントとの境界線      服部四郎

我國の方言區畫                   東條操

国語方言区画                東条操

歴史上から觀た日本の方言區畫             橋本進吉

方言の區畫                     奥村三雄

八丈方言の特殊性                  平山輝男

私の方言区画                    金田一春彦

方言境界の意識                柴田武


言語地理学

蝸牛考                柳田國男

方言孤立変遷論をめぐって           楳垣実

俚語に関する多元的発生の仮説            長尾勇

甘藷                    小倉進平

「鋏」語考                  河野六郎

同音牽引同音衝突              小林好日

方言の古い層と新しい層               柴田武

青森県下北方言におけるウ段音            川本栄一郎

川中島平及びその周辺地方のアクセント分布とその推移 馬瀬良雄

  ――2モーラ名詞を中心に――             穂苅喜代子

中国地方西部の語彙構造 色彩の表現を中心に  鏡味明克

ある山村地帯での「もんペ」の方言分布とその解釈   馬瀬良雄

理解等語線                 徳川宗賢

貸す、借りる、かってくる            国立国語研究所

言語史構成する手がかり             柴田武


言語史方言

方言音韻体系               柴田武

"日本方言アクセントの系譜"試論

    「類の結合」と「地理的布」から見る  徳川宗賢

新潟県方言における「オ列長音開合」   加藤正信・大山貞子

古文書にみた中世末期越後地方の音韻         迫野虔徳

サ行イ音便の消長               奥村三雄

しもやけの方言分布とその歴史            柴田武

琉球方言の史的位置                 龜井孝


方言標準語

方言改良ノ必要                   青田節

標準語に就きて               上田萬年

共通語                     国立国語研究所

第1世から第3世への変化            国立国語研究所

方言コンプレックス                        柴田武

沖縄言語史                   外間守善


解説

『方言』の巻の構成              柴田武

総論            柴田武

方言区画論                    加藤正信

言語地理学          徳川宗賢

言語史方言          徳川宗賢

方言標準語                   加藤正信

参考文献

索引




言語史

橋本進吉 国語音聲史の研究(昭和二年講義案)

小松英雄 日本字音における唇内入声韻尾の促音化と舌内入声音への合流過程中世博士家訓点資料からの跡付け

かめいたかし ハワからハハへ

服部四郎 音韻法則の例外―琉球文化史への一寄与

有坂秀世 音韻變化の進行過程

服部四郎 語尾の弱化―印欧語の語尾に言及しつつ

橋本進吉 國語仮名遺研究史上の一發見―石塚龍麿仮名遺奥山路について

服部四郎 Mongolか Mangolか

服部四郎元朝秘史』における「古温」

服部四郎 上代日本語母音体系母音調和

橋本進吉 上代文献に存する特殊の仮名遣と当時の語法

有坂秀世 国語にあらはれる一種の母音交替について

築島裕 訓読史上の図書寮本類聚名義抄

石垣謙二 主格「が」助詞より接続「が」助詞

有坂秀世 古代日本語に於ける音節結合の法則

服部四郎 アクセント方言

金田一春彦 現代諸方言の比較から観た平安朝アクセント―特に二音節名詞に就て

服部四郎 日本語琉球語朝鮮語アルタイ語との親族関係

有坂秀世 カールグレン氏の拗音説を評す

服部四郎解説〉『言語史』の巻全体の構成について

服部四郎解説音韻史に関する研究

服部四郎解説過去音韻共時態に関する研究

亀井孝 音韻交替に関する研究

亀井孝 日本語母音調和に関する研究

服部四郎 方言の比較による史的研究

服部四郎 日本語系統

服部四郎 中古シナ語の研究

服部四郎 付記("水深測量"について)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。