新村出『東方言語史叢考』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

新村出『東方言語史叢考』

新村出の著書。

  題言

  国語及び朝鮮語の数詞について

  朝鮮司訳院日満蒙語学書断簡解説

  高橋景保の満洲語学

  満洲語学史料補遺

  長崎唐通事の満洲語学

  本邦満洲語学史料断片(附録)明治以前満洲語学書簡目録

  日本語かアイヌ語か

  蝦夷に関する古歌

  日本人と南洋──日本語に於ける南方要素管見──

  田口博士の言語に関する所論を読む

  田口博士に答へて言語学の立脚地を明にす

  国語系統の問題

  言語の比較研究に就きて

  国語に於ける東国方言の位置

  東国方言沿革考──国語史上の一疑問──(附録)万葉集東歌研究書目

  足利時代の言語に就いて

  語学涓滴

  方言の調べ方に関する注意

  総主論二篇

   一 草野文学士総主の説に就きて

   二 総主の説に就きて岡沢氏に質す

  詞の八衢百年紀念

  音韻史上より見たる「カ」「クワ」の混同

  音韻変化作用の消長

  音韻変化の諸原因

  音韻調査報告書に就きて伊沢修二氏に与ふ

  言語教授上声音学の価値

  国語上の規範を論ず(序論)

  国語問題今昔談

  国字の将来

  欧洲に於ける国語競争

  ヤコプ・グリム

  ロイマン教授自叙伝の一節──わが経歴の中より──

  仏国言語学界の近況

全集第一巻

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。