新村出「日本音韻研究史」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

新村出「日本音韻研究史」

新村出

第一期 予備時代

 一 奈良朝より平安朝の終に至る

  音博士

  悉曇の伝来及び其の研究

  五十音図の製作

  古語解釈

 二 鎌倉時代

  管絃音義五十音説

  韻鏡の伝来

 三 南北朝より乱世に至る

  音義説の起源

  反切の事

  韻鏡の出板


第二期 蓄積時代

 浄厳悉曇三密抄

 契沖 和字正濫抄 正濫要略

 橘成員和字通例書

 益軒日本釈名

 白石 東雅 東音譜

 徂徠南留別志

 春台和読要領

 音義説の伝統


第三期 発輝時代

 文雄 磨光韻鏡 和字大観抄

 真淵語意考

 成章北辺随筆

 豊岡井字の正声伝(音義説の伝統)

 宣長字音仮字使ひ 漢字三音考 地名字音転用例

 秋成呵刈葭 靈語通

 春海五十音辨誤

 石塚龍麿古言清濁考

 光枝の国辞解音義説の伝統)

 富森一斎韻鏡藤氏伝

 泰山蔚音韻断


第四期 修正時代

 太田方 漢呉音図

 義門男信

 関政方 傭字例 声調篇

 行智 悉曇字記真釈 梵漢対訳字類編

 鈴木朖雅語音声考

 如是観の和訓考

 篤胤古史本辞経

 野々口隆正通略延約辨

 音義説の流行

 守部五十音小説


総評

https://t.co/KfhSd3AT6w

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。