斎藤良輔『しゃれの文化史

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

斎藤良輔『しゃれの文化史

斎藤良輔しゃれ文化史──言語遊戯アナリシス──』未来社

一九八九年八月一〇日 第一刷発行

ISBN:4624600827

#ことば遊び

二つの「しゃれ」の時代

  第一章「しゃれ文化の開花

    「おしゃれ」と「しゃれ

    江戸のダンディズム  

    いろいろな「しゃれ」 

    鬼平の「しゃれ」から 

  第二章「しゃれ文化の再開花

    「文明開花」とその後 

    昭和・戦後調のしゃれ 

    おしゃれ語ブーム

    ファッショナブル・ジョーク

    しゃれことば分析

大田直次郎のしゃれ

    ノミ(蚤=飲)の歌

    直次郎ーその文人録

    狂歌時代の周辺

    筆禍事件

    蜀山人伝説

    二足のワラジの悲哀

アリンス国のしゃれ文化

    しゃれ・あそびの基地

    「地女」のこと

    くるわ・がよい

    くるわ・ことば

日本語のなかの「しゃれことば

    社楽斎先生のこと

    「サラダ記念日」先生のこと

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。